《マジシャンズ・クロス/Magicians Unite》

通常魔法
(1):自分フィールドに攻撃表示の魔法使い族モンスターが
2体以上存在する場合、その内の1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで3000になる。
このカードの発動後、ターン終了時までそのモンスター以外の魔法使い族モンスターは攻撃できない。

 「遊戯王デュエルモンスターズ ナイトメア トラバドール」攻略本 付属カードで登場した通常魔法
 魔法使い族モンスター1体の攻撃力を3000にする代わりに、他の魔法使い族攻撃を封印する。

 モンスター1体の攻撃力《青眼の白龍》クラスにまで上げるが、2体以上モンスターが並んでいれば総攻撃力が3000を超える事も少なくない。
 相手の高ステータスモンスター戦闘破壊する場合に使う事も考えられるが、攻撃を制限しない《フォース》単体除去《地砕き》で対処できる事も多い。

 以上の点から、単体強化では補い切れないほど攻撃力が低く、かつダメージを稼ぎやすいモンスターに使ったり、攻撃を放棄しても気にならないモンスターがいる場合に使いたい。
 たとえば除去魔力カウンターを使いきった《アーカナイト・マジシャン》ならば直接攻撃も行いやすく、攻撃をしなくとも気にならない。
 《シャイニート・マジシャン》デメリットを殆ど受けない。
 ダイレクトアタッカーである《魔法のランプ》適用するのも良く、防御カードがなくても攻撃後にウイルスコストにできる。
 《エレメント・マジシャン》なら2回攻撃適用すれば、大きなダメージを期待できる。
 《人海戦術》エクゾディアパーツを並べて発動させることも可能。
 また制約を消す手段として、選択していないモンスターエクシーズ素材シンクロ素材魔法使い族以外のモンスターにする方法も考えられる。
 青き眼モンスター効果の対象になった時やフィールドモンスターコスト《青眼の白龍》ブルーアイズ特殊召喚できるものがいるため、制約を消しやすい。
 《青き眼の護人》《青き眼の乙女》特殊召喚し、自身の効果コストにすれば総攻撃力は8000を超える。
 攻撃にタイムラグがある【トゥーン】において、《トゥーン・ヂェミナイ・エルフ》《トゥーン・ブラック・マジシャン・ガール》に使うのも有効。

  • 原作では発動条件が「自軍マジシャンが2体以上召喚された」であった。
    また、連携したモンスター2体を1体として扱っていたようであり、上記の通り破壊される際にも2体まとめて倒されている。
    • なお、上記2体の合計攻撃力は4500であり、わざわざアテムは合計ダメージを減らした上に上記のような返り討ちを受けるリスクを増やしている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカード発動に何らかのカードチェーンされ、選択していない方のモンスターが「場を離れる」「種族が変更」「表示形式守備表示に」のいずれかを受けるなどして発動条件から外れました。
  それらの場合でも攻撃力が3000になる効果攻撃できない効果適用されますか?
A:選択していない方のモンスターが場を離れる、種族が変更される、表示形式守備表示になる等の場合のいずれでも、このカードの効果適用されます。(14/09/15)

Q:発動ターンに以下のモンスター攻撃できますか?

A:攻撃できません。

攻撃力の変化について

Q:既に攻撃力が変化している魔法使い族にこのカードの効果適用させた場合、攻撃力はどうなりますか?

A:3000になります。

A:3000になります。エンドフェイズ後は1300になります。(14/09/15)

Q:攻撃力を変化させる永続効果を持つモンスターにこのカードの効果適用させた場合、その後の攻撃力はどうなりますか?

A:攻撃力は3000のままです。

Q:このカードの効果適用させた魔法使い族に、攻撃力を変化させる効果発動した場合、攻撃力はどうなりますか?


Tag: 《マジシャンズ・クロス》 魔法 通常魔法

広告