《ユニゾンビ/Uni-Zombie》

チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻1300/守   0
「ユニゾンビ」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
手札を1枚捨て、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。
(2):フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送り、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。
この効果の発動後、ターン終了時までアンデット族以外の自分のモンスターは攻撃できない。

 ザ・シークレット・オブ・エボリューションで登場した闇属性アンデット族下級モンスターチューナー
 手札を1枚捨てることでフィールドモンスターレベルを上げる起動効果デッキからアンデット族モンスター墓地へ送りフィールドモンスターレベルを上げる起動効果を持つ。

 (1)の効果は、手札捨てることでモンスター1体のレベルを上げる効果
 捨てるカードに指定はなく、レベルを上げるモンスターアンデット族でなくてよい。
 手札に来た《ゾンビキャリア》《馬頭鬼》捨てる以外にも《D−HERO ディアボリックガイ》等も墓地落とすことができる。
 もっとも、その用途であれば《ダーク・グレファー》や同じアンデット族《ゾンビ・マスター》の方がアドバンテージを得やすい。

 (2)の効果は、アンデット族デッキから墓地へ送ることでモンスター1体のレベルを上げる効果
 《マスマティシャン》《終末の騎士》等と違い、アンデット族であればレベル属性を問わず墓地へ送ることができる点で優秀である。
 当然《馬頭鬼》との相性は良く、墓地へ送った後にエクシーズモンスター以外の非チューナー蘇生すれば即座にシンクロ召喚が可能になる。

 難点として(2)の効果使用した後からターン終了時までアンデット族以外のモンスター攻撃できなくなるデメリット適用される。
 そのため、メインフェイズ1でアンデット族以外のモンスターを出す場合は、戦闘ではなく効果のみを使用することになる。
 デメリット《アンデットワールド》と併用することで解消できる。
 《ブラック・ローズ・ドラゴン》《励輝士 ヴェルズビュート》等の全体除去ならば攻撃不可のデメリットも共有しやすい。
 防戦寄りにしたいならば場持ちが良く制圧力もある《魔王龍 ベエルゼ》を出すのも良いだろう。

 (1)と(2)のレベル調整効果はそれぞれ自分相手モンスター問わず1ターンに1度ずつ使用できる。
 モンスター2体のレベルを1つずつ上げたり、モンスター1体のレベルを一気に2つ上げたりできるので、活用の幅が広い。
 自身にも適用できるため実質レベル4か5のチューナーとして扱える。
 ただし、レベル上昇効果は直接アドバンテージを得られる訳ではない点は留意しておきたい。
 相手モンスター使用して間接的なエクシーズ召喚等の妨害も出来るが、相手ターン中に発動出来るわけではない。
 状況によっては《ジャンク・ジャイアント》《精神汚染》のサポートも出来るが、それもあくまでピンポイントな要素だろう。

 《不知火の隠者》からこのカードリクルートすることで手札1枚でレベルシンクロモンスターもしくはランクエクシーズモンスター召喚できる。
 詳細は《不知火の隠者》を参照。

 【ヴァンパイア】においては墓地アドバンテージを獲得しつつ、自身をレベル5に上昇させて《紅貴士−ヴァンパイア・ブラム》エクシーズ素材にすることも可能である。
 墓地肥やしが得意な闇属性チューナーという点を活かし、【シンクロダーク】【ファンカスノーレ】等の墓地アドバンテージを重視するデッキに採用することも考えられる。
 総じて、レベル操作能力を持つチューナーの中でも扱い易い部類だが、(1)の効果のみではアドバンテージの取得は間接的に留まる。
 (2)の効果活用も踏まえると、やはり【アンデット族】関連のデッキで採用したいカードである。

  • 海外版のイラストでは、緑のゾンビの頬染めが修正されている。
  • ユニゾン(Unison)とは音楽用語の1つであり、同じ高さの音、あるいは同じ音程で複数の演者が歌うことを指す。
    イラストでは《2人3脚ゾンビ》の2人組が一緒に歌を歌っているが、両者から出ている音符は全く違っており、お世辞にもユニゾンとは言いがたい。
  • 原作・アニメにおいて―
    やや分かりにくいがアニメARC-V第60話において、徳松が囚人たちから巻き上げたカードの中に確認できる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《マクロコスモス》フィールドに存在する時に(2)の効果墓地へ送る代わりに除外された場合、レベルが上がる効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(14/11/20)
  しかし、「この効果発動後、ターン終了時までアンデット族以外の自分モンスター攻撃できない。」効果適用されます。(15/02/19)

Q:対象に取ったモンスター効果解決時にフィールドに存在しなくなった場合、(1)および(2)の手札捨てる墓地へ送る効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(15/02/19)
  また(2)の場合、「この効果発動後、ターン終了時までアンデット族以外の自分モンスター攻撃できない。」効果適用されます。(15/02/19)

Q:(2)の効果発動したターンアンデット族ではない《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》攻撃できますか?
A:はい、攻撃できます。(16/05/07)


Tag: 《ユニゾンビ》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 アンデット族 攻1300 守0

広告