《ライフ・ストリーム・ドラゴン/Life Stream Dragon》

シンクロ・チューナー(効果モンスター)
星8/地属性/ドラゴン族/攻2900/守2400
チューナー+「パワー・ツール・ドラゴン」
このカードがシンクロ召喚に成功した時、
自分のライフポイントを4000にする事ができる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分が受ける効果ダメージは0になる。
また、フィールド上に表側表示で存在するこのカードが破壊される場合、 
代わりに自分の墓地に存在する装備魔法カード1枚をゲームから除外する事ができる。

 EXTREME VICTORYで登場した地属性ドラゴン族シンクロモンスターチューナー
 シンクロ召喚に成功したコントローラーライフポイントを4000にできる効果効果ダメージを0にする効果破壊される時に墓地装備魔法身代わりにする効果を持つ。

 シンクロ素材に特定のシンクロモンスターが必要となるので、シンクロ召喚しにくい部類に入る。
 連続でのシンクロ召喚や、《パワー・ツール・ドラゴン》特殊召喚に関するギミックはある程度用意しておきたい。
 一応、《ワン・フォー・ワン》《D・スマホン》《D・スコープン》レベル4のディフォーマー手札に揃えば1ターンで出す事ができる。
 《王魂調和》ならばシンクロ素材縛りを無視でき、シンクロ召喚成功時効果も利用できる。

 このカードシンクロ素材《パワー・ツール・ドラゴン》装備魔法に関する効果を持つので、【ディフォーマー】等の装備魔法を多用するデッキで使用されることになる。
 3つの効果を持っているが、2度のシンクロ召喚の手間を考えると、他のカードで代用した方が負荷が少ない。

 1つ目の効果ライフを4000に「する」効果であり、回復ではないため《シモッチによる副作用》などに影響されない。
 劣勢時には心強いが、ライフが高速で減るこのゲームではそこまで勝敗に結びつくような効果でもない。
 それでも《神の警告》等が腐る事を回避できる他、《ソウル・チャージ》に必要なライフを補うといったこともできる。
 逆にライフを減らして《巨大化》などとコンボする手も考えられるが、確実に勝利できる状況を除き避けたほうが無難だろう。

 2つ目の効果バーンメタだが、2度のシンクロ召喚から狙うほどの効果とは言い難い。
 バーン特化の相手に対してなら、より出しやすい《ブラックフェザー・ドラゴン》でも充分な場合が多いだろう。

 3つ目の効果墓地装備魔法除外することで破壊を回避する効果
 この効果シンクロ素材である《パワー・ツール・ドラゴン》効果を使用すれば、最低1回はこの破壊回避効果を使用できることになる。
 《魔界の足枷》はこのカードを出すまでの戦線維持に使え、墓地へ送られた後は、この効果コストにできる。
 ただし、バウンス等の破壊以外の除去には無力であり、シンクロ召喚に手間が掛かることもあり、特に注意が必要である。

 最大の問題は、《パワー・ツール・ドラゴン》チューナー扱いになるような特殊な状況を除き、同じシンクロ素材《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》シンクロ召喚できる点。
 シンクロ素材の指定が厳しく有効な状況が限られるこのカードより、あちらの方が遥かに汎用性が高く攻撃力も上回っている。
 属性の違いやチューナーである点を活かすのも難しく、バーンメタやそれを活かしたコンボを行う場合も《ブラックフェザー・ドラゴン》で事足りる。
 総じて中途半端な性能は否めず、真っ当なシンクロ召喚を狙う場合は専用構築でない限り採用は難しいと言える。

 このカードの利点は《水晶機巧−ハリファイバー》特殊召喚できるシンクロチューナーの中で最大の打点を持つ点である。
 相手バーン効果チェーンして出せばそのバーンを防ぐことができ、チェーン1で出せばライフを4000まで回復できる。
 レベルの高さ故に後続に繋ぐのはやや難しいが、代わりに単体でも機能するという点でエクストラデッキの圧迫は避けられる。

  • 攻撃名の「ライフ・イズ・ビューティーホール」は、このカードの名前と効果を考えると、恐らく「Life is beauty whole(命はとても美しい)」という意味であろう。
  • アニメでは以下のテキストだった。
    シンクロ・チューナー(効果モンスター)
    星8/地属性/ドラゴン族/攻2900/守2400
    チューナー+「パワー・ツール・ドラゴン」
    このカードのシンクロ召喚に成功した時、
    ライフポイント2000未満のプレイヤーのライフポイントを2000にする。
    このカードがフィールド上に表側表示で存在する場合、効果ダメージは無効となる。
    1ターンに1度、フィールド上に存在するこのカード以外の全ての
    シンクロモンスターのレベルを1〜12の数値の中で任意の数値にする事ができる。
    初登場の際の公式HPでは、テキスト欄がぼやけていて全て見る事ができなかった。
    その後、最後の効果が使用された「遊星vsZ-ONE」戦にてテキストの全てが明かされた。

関連カード

ライフポイント操作

効果ダメージを0にする効果については《デス・ウォンバット》を参照。

破壊耐性

シンクロチューナーの一覧はチューナーを参照

属性種族レベルの変更なしでこのカードシンクロ素材として扱えるシンクロモンスター

※括弧内はその他のシンクロ素材の条件。

収録パック等

FAQ

Q:《パワー・ツール・ドラゴン》チューナー扱いとなっていてもシンクロ召喚できますか?
A:合計レベルが8になるなら可能です。(14/12/25)

Q:シンクロ召喚に成功した時の効果発動した場合、効果解決時コントローラーが入れ替わっていたらどちらのライフが変化しますか?
A:その場合でも、この効果発動した自分ライフポイントが4000になります。(11/03/03)

Q:このカード表側攻撃表示《D・ライトン》が存在している時、相手は《火炎地獄》発動しました。
  《火炎地獄》によって自分の受ける効果ダメージはどうなりますか?
A:代わりに相手が1000ポイントの効果ダメージを受けます。(13/08/11)


Tag: 《ライフ・ストリーム・ドラゴン》 シンクロモンスター チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星8 地属性 ドラゴン族 攻2900 守2400

広告