《リーフ・フェアリー/Woodland Sprite》

効果モンスター
星3/地属性/植物族/攻 900/守 400
このカードに装備された装備カード1枚を墓地へ送って発動する。
相手ライフに500ポイントダメージを与える。

 Mythological Age −蘇りし魂−で登場した地属性植物族下級モンスター
 自身に装備された装備カードを1枚墓地へ送ることで、相手ダメージを与える起動効果を持つ。

 射出するのがモンスターから装備カードになった《キャノン・ソルジャー》
 ダメージ効率は《キャノン・ソルジャー》と同じだが、いかんせん装備カードモンスターよりも増やしづらいため、効果の使い勝手は大きく劣る。
 《黒いペンダント》コストにすれば追加ダメージは増える。
 《妖刀竹光》コストにし、《黄金色の竹光》サーチして装備魔法ドローできるようにしておけばある程度速度は改善できる。

 非常に手間はかかるが、《王立魔法図書館》3枚と《執念の剣》3枚で無限ループドローが狙える。
 《王立魔法図書館》3枚は《地獄の暴走召喚》で揃えられるものの、4枚ものモンスターカードフィールドに維持するのは困難だろう。

  • 漫画『金色のガッシュ!!』の「魔物デザインコンテスト」において、このモンスターイラストがそのまま投稿され、入選したことがある。
    後に原作者、雷句誠氏がその点に関して読者に注意を呼び掛けていた。
  • 1ターンキルが失敗すると挽回が困難となる都合すぐさまサレンダーを行うケースが多く、勝敗に関わらず一方的な内容でデュエルが終わる事態が頻発した。
    そのためデュエルの駆け引きを逸脱する戦術としてユーザーからの評判は悪く、2018/01/05には公式から「多くのご意見を頂いている」とする内容の案内が告知された。
    そして、2018/01/15での詳しい制限改訂内容の告知を経て、2018/01/24のアップデートでこのカードが「LIMIT1」となる制限改訂が適用された。
  • 2018/01/12以前は《暗黒界の取引》が実装されておらず、1ターンキルの成功率は特別高いという訳でも無かった。
    それにもかかわらずこのデッキが流行した理由は、ランク戦の「期間勝利数」で報酬を獲得できるシステムに因る所が大きい。
    決められた回数分勝利すれば、勝率に関わらず報酬を獲得できるため、多少敗北しても1戦毎の時間効率が優るデッキが流行するという事である。
    デュエルを目的ではなく手段として見做した思考であり、OCGでは見られない特殊なケースであると言える。

関連カード

―類似装備カードコスト効果

―同等ダメージ自分フィールドコスト効果

収録パック等

FAQ

Q:《暗黒魔族ギルファー・デーモン》発動タイミングを逃すのは「相手プレイヤーに500ポイントダメージを与える。」という効果のせいですか?
A:はい、そうなります。

Q:装備カード墓地へ送るのはコストですか?
A:コストです。(10/07/24)


Tag: 《リーフ・フェアリー》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 植物族 攻900 守400

広告