《レクンガ/Lekunga》

効果モンスター
星4/水属性/植物族/攻1700/守 500
自分の墓地の水属性モンスター2体をゲームから除外する度に、
自分フィールド上に「レクンガトークン」(植物族・水・星2・攻/守700)を
1体攻撃表示で特殊召喚する。

 混沌を制す者で登場した水属性植物族下級モンスター
 墓地水属性モンスター2体を除外し、レクンガトークン表側攻撃表示特殊召喚する起動効果を持つ。

 コストを払う事さえ可能なら1ターンに何度でもトークンを生成できる。
 問題はそのコストで、大量の水属性墓地を肥やす必要があり、特化しなければ序盤でも発動できるか怪しいところ。
 また、1度に2枚分の墓地アドバンテージを失った上で生成されるのが低ステータストークン1体のみと、割に合うとは言い難い。

 水属性植物族には自身をサーチできる《ボタニティ・ガール》や、《レスキューラビット》からリクルートできる《テンタクル・プラント》が存在する。
 もっとも他に相性の良いカードが限られ、墓地へ送る手段に秀でていないため、【植物族】よりは【水属性】で採用したい。
 《グリズリーマザー》を初めとして《スクリーチ》水属性素早いモンスターも利用できる。
 《影霊衣の大魔道士》《影霊衣の戦士 エグザ》除外して効果を使ったり、《シー・ランサー》除外したモンスター帰還させ、コストを再利用するのも良い。

 レクンガトークンは利用制限はないため、リリースシンクロ素材リンク素材に使える。
 状況によってはリンクモンスターの大量展開を狙える他、水属性を素材に指定するシンクロモンスターを出すことにも使える。
 水属性なので、《水霊術−「葵」》リリースも狙える。

 しかし、水属性を大量展開するなら《超古深海王シーラカンス》を出せば良く、このカードよりも活用法が多い。

  • 原作・アニメにおいて―
    「バトルシティ編」にてマリクが所持していたカード
    準決勝の対戦相手を決めるバトルロイヤルの開始時に行われたカード提示で、このカードを持っている。
    実際のデュエルには使用されなかったが、マリクはこのカードを提示することにより2番目に行動する権利を獲得した。
    原作・アニメでは《ロードポイズン》同様、闇属性通常モンスターであり、フレイバー・テキストもある。
    だがマリクの手で隠れており、「〜している生き物」以外のテキストは読み取る事ができない。
    また、イラストも多少異なっている。
    • 米国で制作された『遊戯王カプセルモンスターズ』(Yu-Gi-Oh! Capsule Monsters)ではアレキサンダー大王の部下が使用した。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《レクンガ》 効果モンスター モンスター 星4 水属性 植物族 攻1700 守500

広告