《ローンファイア・ブロッサム/Lonefire Blossom》

効果モンスター
星3/炎属性/植物族/攻 500/守1400
1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する
植物族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから植物族モンスター1体を特殊召喚する。

 EXTRA PACKで登場した炎属性植物族下級モンスター
 植物族コストに、デッキから植物族特殊召喚する起動効果を持つ。

 このカード自身もコストとして使用できるので、【植物族】における汎用性は相当に高い。
 自身以外をリリースする場合でも、植物族トークン生成や特殊召喚に長けているため、コストに困る事はほぼ無いと言える。
 植物族であればレベル属性縛りが一切無く、特殊召喚不可のモンスター以外は全てが候補になる。

 自身をリリース墓地に落ちた後は、豊富な植物族関連の蘇生カードによって何度も使い回す事が可能である。
 それらの蘇生カードも、「デッキから植物族モンスター特殊召喚するカード」として扱う事ができるようになる。
 特殊召喚の候補は多く存在するが、中でも《椿姫ティタニアル》等の上級最上級モンスターリクルートできれば実質的にはアドバンテージになる。

 ただ、特殊召喚したいカードを先にドローしてしまうと事故要素となる。
 リクルーターサーチャーを投入するか、《超栄養太陽》で手早く呼び込む等の工夫が必要だろう。
 また、手札を処理するカードや、デッキ戻せるカードを投入するのも良い。

 【植物族】ではどのタイプでも活躍できる必須モンスターである。
 《次元の裂け目》等の全体除外カードの影響下でも無力化されないのは強みである。
 欠点を挙げるとすれば、デッキからしか特殊召喚できず序盤で引かなければならない点だろう。
 また、あまり見かけないが《生贄封じの仮面》等のリリース封じにも弱い。

  • 「ブロッサム(blossom)」とは、主に食用果樹の花を指す。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果デッキから2枚目の《ローンファイア・ブロッサム》を特殊召喚しました。
  この場合、2枚目の《ローンファイア・ブロッサム》は、このターン内に効果発動できますか?
A:発動できます。
  勿論、効果発動した後にフィールドを離れ、そのターン内に再びフィールドに出された場合も、「1ターンに1度」という制約はリセットされるので、問題なく効果を使うことができます。(08/09/13)

Q:フィールドがすべて埋まっている(モンスターカードゾーンに空きがない)時に、自身をリリースして効果発動できますか?
A:発動できます。(10/05/23)


Tag: 《ローンファイア・ブロッサム》 効果モンスター モンスター 星3 炎属性 植物族 攻500 守1400

広告