暗黒界(あんこくかい)導師(どうし) セルリ/Ceruli, Guru of Dark World》

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 100/守 300
このカードがカードの効果によって手札から墓地へ捨てられた場合、
このカードを相手フィールド上に表側守備表示で特殊召喚する。
このカードが「暗黒界」と名のついたカードの効果によって特殊召喚に成功した時、
相手は手札を1枚選択して捨てる。

 ストラクチャーデッキ−デビルズ・ゲート−で登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 効果手札から墓地へ捨てられた場合に相手フィールド自己再生する誘発効果暗黒界効果特殊召喚に成功した場合に相手手札捨てる誘発効果を持つ。

 手札捨てる相手」とは、「このカードコントローラーから見た相手プレイヤー」を指す。
 つまり、1つ目の効果によって相手フィールド特殊召喚された場合、相手効果によって自分手札捨てるという事になる。
 暗黒界の追加効果を狙う場合や自分捨てた場合には効果発動しない《暗黒界の魔神 レイン》を使う場合には必須カードとなる。
 また【暗黒界】以外でも《闇より出でし絶望》《ネコマネキング》等、相性の良いカードは多数存在する。
 《暗黒界の鬼神 ケルト》効果特殊召喚した場合は、相手ハンデスと、自分暗黒界の追加効果のどちらかが狙える。

 しかし、このカード捨てるだけでは、相手モンスターを与えた上にハンデスを受けるため、大きなディスアドバンテージとなる。
 当然、上記のカードアドバンテージを取り戻したいところだが、コンボ前提のカードの宿命として、手札事故が付きまとう。
 狙って行うには、「このカード」と「このカード捨てるカード」、「このカードの効果捨てるカード」の計3枚が必要になる。
 しかも、捨てるカードがない時にこのカードハンデスされてしまうと、悲惨な事になってしまう。
 また、このカード手札に存在する時に《手札抹殺》等を発動するのは、そのドローで「このカードの効果捨てるカード」を引けるかどうかの賭けになってしまう。
 ただ例外として、《暗黒界の術師 スノウ》を同時に捨てる事ができれば、暗黒界サーチした後に手札捨てる事ができる。
 そして、相手捨てさせるまでは成功しても、本命の暗黒界の方を無効にされてはアドバンテージを取られるだけのため、《神の警告》等にも警戒しなければならない。

 《暗黒界に続く結界通路》等で特殊召喚すれば相手ハンデスを仕掛ける事ができる。
 ただし、捨てるカードを選ぶのは相手であるため、さほど被害は与えられないだろう。
 逆に、相手墓地を肥やされてしまう事も少なくない。
 召喚権を使わずに《暗黒界の龍神 グラファ》蘇生したい時、オマケでハンド・アドバンテージを得られるという程度に考えておいた方が良いだろう。

  • カード名の由来は青空色を意味する「セルリアン(Cerulean)」だろう。
    • 英語名の「Guru(グル)」は、サンスクリット語で「導師」「教師」などを意味する語である。
  • アニメZEXALII(セカンド)の「遊馬vsMr.ハートランド」戦においてMr.ハートランドが使用した永続罠《インフェクション・ミーディアム》のイラストに描かれている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果は2つとも誘発効果ですか?
A:はい、そうです。(11/06/18)

Q:自身を特殊召喚する効果解決時に、このカード墓地に存在しなかった場合、特殊召喚する効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(11/06/18)


Tag: 《暗黒界の導師 セルリ》 効果モンスター モンスター 星1 闇属性 悪魔族 攻100 守300 暗黒界

広告