闇鋼龍(くろがねりゅう) ダークネスメタル》

リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/ドラゴン族/攻2800
【リンクマーカー:上/左下/下/右下】
同じ種族・属性の効果モンスター2体以上
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地のモンスターまたは除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、フィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はリンクモンスターを特殊召喚できない。

 Vジャンプ(2018年7月号) 付属カードで登場した闇属性ドラゴン族リンクモンスター
 リンク先モンスター蘇生帰還させる起動効果を持つ。

 一見リンク素材縛りがきつく感じられるが、《スケープ・ゴート》から同名のリンクリンクモンスター2体を展開すれば容易にリンク召喚が可能。
 《水晶機巧−ハリファイバー》効果《ジェット・シンクロン》特殊召喚し、その2体で《サモン・ソーサレス》リンク召喚、その後《ジェット・シンクロン》自己再生させ《サクリファイス・アニマ》リンク召喚する事でもこのカードの素材が揃う。
 その他、【ヴァレット】などの同種族属性効果モンスターを大量展開できるデッキにも採用を検討できるか。
 エクストラモンスターゾーンに出せばリンク先を3カ所確保でき、リンクマーカー要員としては使いやすい。

 墓地除外されているモンスター蘇生帰還させる事ができる。
 基本的にこのカードリンク素材としたモンスター蘇生が狙いとなるか。
 守備表示特殊召喚するためリンクモンスターは不可となるが、それ以外には一切縛りがなく、あらゆるモンスターに対応している。
 しかし、特殊召喚したモンスター効果無効になり、守備表示特殊召喚される。
 さらにリンク召喚が不可能になるため、蘇生したモンスター融合素材シンクロ素材エクシーズ素材として活用することになる。

 蘇生帰還したモンスターは、フィールドから離れる場合デッキの一番下へ戻る。
 これを逆手にとり、サーチが豊富な剛鬼や、リクルートを繰り返すヴァレットなどで利用する事も可能。
 エクシーズ素材にすればデッキに戻ることもなく再び墓地へ送ることもできる。

 リンク先を3カ所確保できることから、エクストラデッキから複数体ペンデュラム召喚することも不可能ではなく、効果と合わせて各種素材やコンボの展開が見込める。

関連カード

収録パック等


Tag: 《闇鋼龍 ダークネスメタル》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク4 闇属性 ドラゴン族 攻2800

広告