闇魔界(やみまかい)契約書(けいやくしょ)/Dark Contract with the Yamimakai》

永続魔法
「闇魔界の契約書」の(1)の効果は1ターンに1度しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択してその効果を発動できる。
●自分の墓地の「DD」Pモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分のPゾーンに置く。
●自分のエクストラデッキから、表側表示の「DD」Pモンスター1体を自分のPゾーンに置く。
(2):自分スタンバイフェイズに発動する。
自分は1000ダメージを受ける。

 ストラクチャーデッキ−ペンデュラム・ドミネーション−で登場した永続魔法
 墓地エクストラデッキDDペンデュラムモンスターペンデュラムゾーン置く効果、毎ターンダメージを受けるデメリット効果を持つ。

 墓地エクストラデッキDDペンデュラムモンスターを再利用できるが、手札加えるのではなくペンデュラムゾーン置かれる
 【DD】は基本的にペンデュラム召喚に頼らずとも戦えるデッキであり、モンスターとして使う場合、【DD】に豊富な墓地サポートの関係で、墓地にある方が都合がいい場合もある。
 エクストラデッキにあるものも同様で、モンスター効果を活かそうとすると、ペンデュラム召喚したり《DDリリス》で回収する事になる。
 このカードを使うのは、ペンデュラム召喚を行いたい場面でペンデュラムゾーンが埋められない場合や、ペンデュラム効果を再利用したい場合等に限られる。

 再利用する場合の候補は、ペンデュラムスケールの高いものでは《DD魔導賢者ニュートン》、低いものでは《DDオルトロス》になるだろう。
 特に前者はモンスター効果の性質上墓地に存在しやすく、ペンデュラムゾーン置けば安定したスケール10としてペンデュラム召喚に貢献してくれる。
 もっとも、長期的なアドバンテージを考えるとこのカードを使うより《地獄門の契約書》で2枚目以降のそれらをサーチした方が良い場合がほとんどである。
 また、序盤では腐りやすく、他にも優秀な契約書があるため、優先したいかはよく考えたい。
 《ペンデュラム・スイッチ》と組み合わせれば《DDD超死偉王ダークネス・ヘル・アーマゲドン》などのペンデュラムモンスターペンデュラムゾーンを経由してメインモンスターゾーンに展開することが可能になるため、セットでの採用も考えられる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《闇魔界の契約書》 魔法 永続魔法 契約書

広告