怨霊(おんりょう)湿地帯(しっちたい)/Vengeful Bog Spirit》

永続魔法
召喚・反転召喚・特殊召喚されたモンスターは、
そのターンに攻撃する事ができない。

 Labyrinth of Nightmare −悪夢の迷宮−で登場した永続魔法
 召喚反転召喚特殊召喚されたモンスター攻撃を1ターン封じる効果を持つ。

 ビートダウン相手には、嫌らしいロックとなる。
 《レベル制限B地区》等と比べ永続的には拘束できないが、エクシーズモンスターのような抜け道がなく一時的な拘束ではこちらが秀でている。
 ただし発動ターン内であれば発動前に出したモンスターにも影響する。
 また、《カオス・インフィニティ》等でリバースしたモンスターへの影響はない。

 元々攻撃をしない【ドローゴー】等のデッキでは、戦闘を遅らせるために重宝する。
 《ホルスの黒炎竜 LV6》のように魔法カード効果を受けないモンスターを使うと、こちらだけ召喚したターン攻撃が可能となる。
 トゥーンは元々このカード効果内蔵しているので、【トゥーン】に採用するのもおもしろい。

 各種カウンターを乗せるまでの時間稼ぎにも使える。
 《ヴェノム・スワンプ》と同時に展開する事で、召喚された相手モンスター攻撃を封じ、安全にヴェノムカウンターを注入できる。
 【エーリアン】では、《エーリアン・サイコ》《「A」細胞増殖装置》と併用する事で相手モンスター攻撃を封じ、《集団催眠》発動しやすくなる。

 サイクル・リバースモンスターも最大限に利用でき、《魔封じの芳香》を併用すればより強力なロックとなる。
 ただし、サイクル・リバースモンスター自身も攻撃できなくなる。

 ただ永続魔法なので除去され易く、《つまずき》と違い召喚した後でそのターン除去された場合でも攻撃を許してしまうのが難点。
 スピリット戦闘ができずに手札に戻る事になるが、《夜叉》のように中には通用しないモンスターもいる。
 ロックパーツとしては《つまずき》とほとんど遜色ない性能であるが、自分の中に守備表示に変えたくないモンスターがいるなどの理由がなければ、そちらを使いたい。

  • 他のTCGにおける「召喚酔い」といえる効果である。

関連カード

―名前関連

収録パック等

FAQ

Q:モンスター召喚反転召喚特殊召喚し、その後同じターンにこのカード発動した場合、そのモンスター攻撃できなくなりますか?
A:はい、その場合でも攻撃できなくなります。(10/10/13)


Tag: 《怨霊の湿地帯》 魔法 永続魔法

広告