焔虎(フレイム・タイガー)/Flame Tiger》

効果モンスター
星4/炎属性/獣族/攻1800/守   0
このカードが墓地に存在し、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、
自分のドローフェイズ時に通常のドローを行う代わりに発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、
フィールド上から離れた場合ゲームから除外される。

 GALACTIC OVERLORDで登場した炎属性獣族下級モンスター
 ドローフェイズ通常のドローを放棄することで、自己再生する誘発効果を持つ。

 アタッカーとしては十分な攻撃力を持つので、自己再生した後に攻撃に参加させやすい。
 レベル4のモンスター召喚してランク4のエクシーズ召喚に使うこともできる。

 しかし、自身を墓地から蘇生させる条件と、ドローを放棄するデメリットは非常に痛い。
 ドローフェイズスキップしても発動できなくなるため、デメリットを重複させることも難しい。
 自分フィールド上にモンスターがいないという状況は劣勢であることが多く、蘇生させたところで活躍できない場合も多い。
 また、手札にあるカードだけで対処しなければならなくなるため、蘇生させても逆転できなければ、そのままジリ貧になってしまう。
 他のドローロックメリットとするカードや、ドロー効果を持つカードと組み合わせ、なるべくデメリットを軽減したい。

 【ガジェット】とは相性がよく、採用が見込める。
 元々手札を切らさず戦えるガジェットにとって、ドローロックの影響は少なく、逆に手札に複数のガジェットをダブらせにくく出来るため、むしろ往年の【キスガジェット】の様にメリットに変換できる。
 さらに、除外デメリットエクシーズ素材にすれば適用されないので、上手く行けば毎ターンエクシーズモンスターを維持することも可能。
 手札0枚の状況で蘇生させ、スタンバイフェイズ《リターン・ゾンビ》サルベージする手もあるが、こちらは難易度が高い。

 他には《幻獣の角》とは相性がよく、腐ってしまった《幻獣の角》蘇生したこのカードに装備させることができ、更にドローロックデメリットを打ち消す事ができる。
 また、このカードリクルートできる《フレムベル・ヘルドッグ》との相性もいいので合わせて採用しておきたい。

 自身のモンスター効果フィールド離れ、このカード自己再生をサポートできる《ドリル・ウォリアー》も相性が良い。
 ドローできなくなるデメリットも、あちらのサルベージ効果である程度軽減できる。
 ただし1ターンの間モンスターカードゾーンががら空きになりやすいため、《速攻のかかし》罠カードなどで守りを固めたい。

  • 原作・アニメにおいて―
    劇場版遊戯王公開記念読み切り「TRANSCEND・GAME」でモクバが語るデュエル・リンクスのイメージの中に使用されている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:誘発効果です。(13/06/15)

Q:デッキが0枚の時に発動できますか?
A:いいえ、できません。(13/06/15)


Tag: 《焔虎》 効果モンスター モンスター 星4 炎属性 獣族 攻1800 守0

広告