火霊術(かれいじゅつ)−「(くれない)」/Spiritual Fire Art - Kurenai》

通常罠
自分フィールド上の炎属性モンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。

 CYBERNETIC REVOLUTIONで登場した通常罠
 炎属性モンスターリリースし、その元々の攻撃力分のダメージを与える効果を持つ。

 発動すると2枚のカード・アドバンテージを失う。
 フリーチェーンなので、相手除去等に合わせて発動すれば、ディスアドバンテージを軽減できる。
 炎属性モンスター攻撃後に発動し、戦闘ダメージバーン効果の両方を与える戦術もある。

 バーン効果元々の攻撃力が参照されるので、下級モンスターリリースしても大したダメージは与えられない。
 2枚ものカードを使う以上、少なくとも2000以上のダメージを出せなければ割に合わない。

 下級モンスター射出するのであれば、エンドフェイズ自壊する《爆炎集合体 ガイヤ・ソウル》リリースすれば無駄が少ない。
 上級モンスターであれば、《暗黒のマンティコア》《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》等の自己再生効果を持つモンスターも有効。
 攻撃力の高い《炎帝テスタロス》等を用意できるなら、引導火力として活用できる。
 特に伏せ除去が可能な《ヘルフレイムエンペラー》蘇生が容易な《フェニックス・ギア・フリード》なら戦闘ダメージとで大きなダメージを狙える。
 ダメージを与えたターン攻撃宣言ができない《重爆撃禽 ボム・フェネクス》射出し、そのターンでのダメージをさらに増やすこともできる。

 しかし、カード2枚を失ってライフ・アドバンテージしか稼げないため、相手ライフを0にできなければ相手攻撃を防ぎにくくなり手痛い反撃を食らう。
 また相手除去チェーンしたとしても、相手からしてみれば除去自体は成功した上、相手ライフを減らすことが大量展開や1ターンキルの対策になることは極端に少ない。
 単体除去対策なら《炎王炎環》のほうが即効性が高く、モンスター蘇生につなぐこともできる。
 相性のいいデッキをしっかり見極めて投入する事が大切になる。

 例としては、《インフェルノイド・ティエラ》を処理したい【インフェルノイド】が挙げられる。
 ペンデュラムモンスターのためコストが気にならない【イグナイト】や、バーン除外回避を両立できる《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》デッキ等でも採用できる。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:「リリースしたモンスター元々の攻撃力」とはカード記載の攻撃力ですか?
A:はい、カード記載の攻撃力です。(07/09/13)

Q:攻撃力の記載の無いトークンリリースする場合、効果ダメージは発生しますか?
A:「元々の攻撃力分」なので、ダメージは0になります。(13/02/18)


Tag: 《火霊術−「紅」》 通常罠

広告