虚無の統括者(ヴァニティー・ルーラー)/Vanity's Ruler》

効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2500/守1600
このカードは特殊召喚できない。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手はモンスターを特殊召喚できない。

 CYBERDARK IMPACTで登場した光属性天使族最上級モンスター
 自身の特殊召喚ができない召喚制限、および相手特殊召喚を封印する永続効果を持つ。

 同レベル種族属性で自己特殊召喚効果を持ち、さらにこのカードよりもステータスの高い《大天使クリスティア》が存在する。
 このカード《神の居城−ヴァルハラ》で展開できず、《リビングデッドの呼び声》等で相手特殊召喚効果発動チェーン蘇生して妨害することなどもできず、純粋に特殊召喚妨害目的でこのカードを採用するのは難しい。

 一応、自分が自由に特殊召喚できる点では他の特殊召喚を封じるモンスターよりも勝る。
 しかし、相手特殊召喚を封じた時点で他にモンスターを展開せずとも制圧はできることが多い。
 結界像なら自身が属性統一デッキを組んでいれば、同様に自身への影響を抑えつつ特殊召喚封じを仕掛けられる。
 また、先にモンスターを出した後で特殊召喚を封じればよい場合も多く、あまり大きなメリットにならないのが現状である。
 また、《精神操作》等でコントロール奪取されると、相手特殊召喚可能になってしまう点では逆にデメリットとなっている。
 一応、相手攻撃妨害カードを使用して遅延を狙った場合や、コンバットトリックを用いた突破に対して、他のモンスターを使って守れるのは利点といえる。

 《ジェルエンデュオ》《死皇帝の陵墓》から展開できるのは《大天使クリスティア》と同じであり、これらを主軸とするデッキでは追加の《大天使クリスティア》として採用できる。
 ややステータスが劣るとはいえ、《大天使クリスティア》サーチ手段に乏しいので追加分を採用できる意義は大きい。
 ただ、アドバンス召喚《死皇帝の陵墓》から出すなら《虚無魔人》も存在するので、そちらも考慮すべきである。
 もちろん両方を採用する手もあるが、そこはデッキ構築の際に余裕があればと言ったところか。

 《ジェルエンデュオ》《フォトン・サンクチュアリ》を複数採用した【エンジェル・パーミッション】に投入する手もある。
 《大天使クリスティア》とは違い、《人造天使》などの邪魔をせずに相手シンクロ召喚を封じられるのが利点。
 同じような理由として【冥界軸最上級多用】への採用も考えられる。
 アドバンス召喚を主とするデッキ故、主なリリース要員となる半上級モンスター下級モンスター特殊召喚を妨げないこのカードは、時によっては《大天使クリスティア》より優先されるケースもある。
 ただし、どちらとも事故率の上昇は避けられない。

 なお、《ハードアームドラゴン》リリースして召喚すれば、特殊召喚を一方的に封じる効果破壊不能モンスターとなる。
 最上級モンスターを中心とするデッキならば、狙うのは難しくない。
 【帝コントロール】のようにエクストラデッキに頼らないのであれば《進撃の帝王》も心強い。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールド上に《虚無の統括者》が表側表示で存在する時に、自分《浅すぎた墓穴》発動する事はできますか?
A:はい、発動できます。その場合自分のみが特殊召喚を行う処理になります。(10/07/14)

Q:自分フィールド上に《虚無の統括者》が表側表示で存在する時に、自分《地獄の暴走召喚》発動する事はできますか?
A:発動できます。(13/03/14)

Q:このカードリリースに、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》《D−HERO Bloo−D》特殊召喚することはできますか?
A:このカードリリースして《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》特殊召喚することはできません。
自分がこのカードリリースして《D−HERO Bloo−D》特殊召喚することはできます。(09/02/03)


Tag: 《虚無の統括者》 効果モンスター モンスター 星8 光属性 天使族 攻2500 守1600 特殊召喚不可

広告