交血鬼(アルダンピール)−ヴァンパイア・シェリダン/Dhampir Vampire Sheridan》

エクシーズ・効果モンスター
ランク6/闇属性/アンデット族/攻2600/守1000
レベル6モンスター×2体以上
元々の持ち主が相手となるモンスターをこのカードのX召喚の素材とする場合、
そのレベルを6として扱う。
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地へ送る。
(2):1ターンに1度、フィールドのモンスターカードが、
効果で相手の墓地へ送られた場合、または戦闘で破壊され相手の墓地へ送られた場合、
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
そのモンスター1体を自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。

 デッキビルドパック ダーク・セイヴァーズで登場した闇属性アンデット族エクシーズモンスター
 相手モンスターをこのカードエクシーズ素材にする場合にレベル6として扱える効果外テキスト相手フィールドのカード墓地へ送る起動効果フィールドモンスター効果または戦闘破壊相手墓地へ送られた場合に自分フィールド蘇生させる誘発効果を持つ。

 自身の効果外テキストにより、エクシーズ召喚に必要な分だけのレベルモンスターを用意する手間を幾分か軽減できる。
 妥協召喚可能なレベルモンスターを出した上で《精神操作》の様な汎用コントロール奪取を用いれば簡単に行える。
 《ゴヨウ・ガーディアン》《メタファイズ・ホルス・ドラゴン》《デスカイザー・ドラゴン》といったコントロール奪取効果を持つレベルモンスターを利用するのも良い。
 【聖刻】では適当な聖刻モンスター《エネミーコントローラー》リリースする事で、特殊召喚したドラゴン族と奪ったモンスターとでエクシーズ召喚できる。
 《アンデットワールド》を投入した【アンデット族】では、上記の《デスカイザー・ドラゴン》以外にも、《傀儡虫》《ゾンビ・マスター》《闇竜の黒騎士》《真紅眼の不死竜》など、複数のコントロール奪取を組み込める。

 エクシーズ素材の条件は2体「以上」であり、複数のモンスターコントロールを奪取しているのならばその全てをエクシーズ素材に使用できる。
 デッキ自体がコントロール奪取を得意とする【霊使い】【エーリアン】【グレイドル】等にはうってつけのカードと言える。
 《ダブルマジックアームバインド》なら簡単に2体を奪いエクシーズ召喚につながる。
 《スウィッチヒーロー》ならば大量コントロール奪取も可能だが、自分モンスターを送ってしまうため、(1)の効果相手墓地モンスターが置けなくなる。

 【ヴァンパイア】上級ヴァンパイアを始めとしてコントロール奪取の手段が多いため、効果外テキストを利用したエクシーズ召喚が狙いやすい。
 また、コントロール交換が可能な《ヴァンパイア・レッドバロン》釣り上げ効果を持つ《ヴァンパイア・スカージレット》自己再生できる《ヴァンパイア・グレイス》レベル効果双方で素材に適する。
 下級モンスター《ヴァンパイア・デザイア》レベル6にしてしまっても良いだろう。
 変わったところでは、自己再生した《紅貴士−ヴァンパイア・ブラム》《RUM−幻影騎士団ラウンチ》を使っても出すことができる。

 (1)は相手フィールドのカード墓地へ送る効果
 対象を取るものの破壊耐性を無視でき、モンスター除去したならば(2)の効果に繋げることも可能。

 (2)はモンスターカード効果または戦闘フィールドから相手墓地へ送られた場合に自分フィールド蘇生する効果
 守備表示蘇生するため奪って即アタッカーにするのは無理だが、効果も有効なままで期間も区切られていないため汎用性は十分に高い。
 リリース要員やリンク素材の他、(エクシーズ召喚できる場所があれば)2体目のこのカードのエクシーズ素材にも転用できる。
 このカードの効果には同名カード発動回数制限はないため、呼び出した2体目でもう1度(1)⇒(2)のコンボも狙っていける。
 ただし、墓地へ送る条件と守備表示という条件から、ペンデュラムモンスターリンクモンスターは奪えない点は注意。

 総じて、自身の効果のかみ合いの良さと汎用性の高さ故に採用の幅は広いエクシーズモンスターと言える。
 ランク6が狙えるデッキは勿論のこと、コントロール奪取をある程度採用したデッキならば保険として採用しておくのも良い。

  • YouTubeにて公開されている公式動画『遊戯王OCGラボch「ヴァンパイア」デッキ紹介編』ではこのモンスターの全身像が確認できる。
    また、動画内で確認できるイラストを見るに、このカードイラストには《交血鬼−ヴァンパイア・シェリダン》の影が(意図的に)描かれていないことが分かる。
  • ヴァンパイア(吸血鬼)と月は切っても切れない関係にあり、このカードイラストにも赤い満月が描かれている。
    なお、このカードが公式Twitterで紹介された2018年1月31日は「ブルームーン(1ヶ月のうち2回目の満月)」かつ「ブラッドムーン(皆既月食の影響で、月が赤く見える現象)」の日であった。

関連カード

イラスト関連

―《交血鬼−ヴァンパイア・シェリダン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《交血鬼−ヴァンパイア・シェリダン》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター ランク6 闇属性 アンデット族 攻2600 守1000 ヴァンパイア

広告