(ひかり)封札剣(ふうさつけん)/Lightforce Sword》

通常罠
(1):相手の手札をランダムに1枚選んで裏側表示で除外する。
このカードの発動後、相手ターンで数えて4ターン目の相手スタンバイフェイズに、
そのカードを相手の手札に戻す。

 Curse of Anubis −アヌビスの呪い−で登場した通常罠
 相手手札ランダムに1枚選んで裏側表示で除外する効果発動から4回目の相手スタンバイフェイズにそのカードを再び相手手札戻す残存効果を持つ。

 一定期間手札破壊であり、一時的な1:1交換を行った末にディスアドバンテージを負う。
 《ダスト・シュート》のようにピーピングできるわけでもなければ、《マインドクラッシュ》のようなピンポイントメタにもならない。
 しかし、デュエルの高速化した現環境では、3ターンもあればデュエルが終了する事も珍しくなく、事実上のハンデスになる事が多い。
 環境の高速化で弱体化した《封印の黄金櫃》《タイムカプセル》とは逆の立場である。

 フリーチェーンなので、相手伏せ除去に対してチェーン発動も可能。
 《サイクロン》等にチェーンして発動する事で、1:2交換となるので、ブラフにもなる。
 コンボデッキに対して発動すれば、キーカードを封じ相手の策略を狂わすことができる。
 フリーチェーン相手手札の数を調整できるので、《魔轟神獣ユニコール》ロック効果を発揮させるという使い道もある。

  • 「乃亜編」の回想シーンにおいて、海馬がモクバに株の仕組みを計100枚のカードで説明する際に使用している。
  • 「バトルシティ編」の導入として描かれた話で、闇遊戯が主人公としては珍しくパックを店で購入し、このカードを引き当てた。
    闇遊戯はこのカードを当てた際、「いいカードだ!相棒も喜ぶぜ!」と評している。
    その名残か、OCG初登場の時はスーパーレアだった。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《王宮の鉄壁》が存在する時にこのカード発動できますか? また、このカードチェーン《王宮の鉄壁》発動された場合どうなりますか?
A:《王宮の鉄壁》発動している時に、このカード発動する事はできません。
  また、このカードチェーンして《王宮の鉄壁》発動した場合、相手手札除外する事はできません。(10/01/28)

Q:この効果除外されたカード《ネクロフェイス》などの効果デッキに戻った場合、4ターン目のスタンバイフェイズ相手はそのカード手札に戻せますか?
A:いいえ、《光の封札剣》効果によって除外したカードが4ターン目のスタンバイフェイズまでにデッキに戻った場合、手札戻す事はできません。(10/01/28)

Q:《エクスチェンジ》効果相手手札に元々の持ち主自分であるカードが存在する時に、そのカード自分がこのカード効果除外した場合、4ターン目のスタンバイフェイズにどちらのプレイヤー手札に戻りますか?
A:その場合、自分手札に戻ります。(12/03/03)

Q:相手手札から魔導書と名のついた魔法カードを3枚公開して《魔導法士 ジュノン》効果発動し、それにチェーンしてこのカード発動しました。この場合、このカード効果処理時手札を選ぶ際、魔導書と名のついた魔法カード3枚と《魔導法士 ジュノン》は表のままですか?それとも裏のまま選びますか?
A:その場合、全て裏のままカードを選び除外します。(13/01/25)

Q:このカード除外して《ジャンク・コレクター》効果発動し、相手手札裏側表示除外した場合、その除外したカード相手ターンで数えて4ターン目の相手スタンバイフェイズに戻りますか?
A:いいえ、カードの発動は行っていないため、裏側表示除外され続けます。(16/06/18)


Tag: 《光の封札剣》 通常罠

広告