(さば)きの代行者(だいこうしゃ) サターン/The Agent of Judgment - Saturn》

効果モンスター
星6/光属性/天使族/攻2400/守   0
自分のライフポイントが相手を超えている場合、
自分フィールド上に存在するこのカードをリリースして発動する事ができる。
超えているライフポイントの数値分のダメージを相手ライフに与える。
この効果は自分フィールド上に「天空の聖域」が表側表示で存在しなければ適用できない。
この効果を発動するターン、自分はバトルフェイズを行う事ができない。 

 天空の聖域で登場した光属性天使族上級モンスター
 複数の発動条件を満たす時、自身をリリースして相手ライフダメージを与える起動効果を持つ。

 自分相手ライフの差額次第では、大ダメージを与えることが可能。
 劣勢では腐り発動条件《天空の聖域》も大きな効果は望めないものの、デュエル開始の先攻ターン目からコンボを仕掛けられる。
 本来であれば採用され難い《天空の泉》《女神の加護》《レインボー・ライフ》といった、ライフ回復魔法・罠カードの活用も検討できる。
 ライフを増やす過程で手札を消耗してしまっても、引導火力が一発決まれば勝利できるため、相手にとってのマストカウンターと言える。
 万単位のライフ回復をできる、《ヘル・テンペスト》《魂吸収》コンボを組み込んだ【ヘル・サターン1キル】もある。

 《光神化》特殊召喚し、《地獄の暴走召喚》を使えば1ターンキル圏に突入する。
 《天空の聖域》があり、《裁きの代行者 サターン》を《光神化》《地獄の暴走召喚》で揃え効果発動、最初のライフ差XとしてX+2X+4X=7Xのダメージを与えることになる。
 《N・エア・ハミングバード》《ご隠居の猛毒薬》《魔法吸収》などを使って1ターンキルが可能である。

  1. 《光神化》で《裁きの代行者 サターン》を特殊召喚《地獄の暴走召喚》《天空の聖域》発動→三体とも効果発動
    1. 《N・エア・ハミングバード》召喚起動効果で2500回復→(1.)→17500ダメージ
    2. 《ご隠居の猛毒薬》発動回復効果を選択し1200回復→(1.)→8400ダメージ
    3. 《魔法吸収》発動→(1.)→魔法カードを3枚発動したため、1500回復→10500ダメージ
  • 「サターン(Saturn)」とは、「土星」のことである。
    ローマ神話の農耕神「サトゥルヌス」からその名が付けられた。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《裁きの代行者 サターン》 効果モンスター モンスター 星6 光属性 天使族 攻2400 守0 代行者

広告