始源(しげん)帝王(ていおう)/The First Monarch》

永続罠
(1):このカードは発動後、効果モンスター
(悪魔族・闇・星6・攻1000/守2400)となり、
モンスターゾーンに特殊召喚する。
このカードは罠カードとしても扱う。
(2):このカードの効果でこのカードが特殊召喚した場合、
手札を1枚捨て、属性を1つ宣言して発動できる。
このカードは宣言した属性として扱い、
このカードと同じ属性のモンスターをアドバンス召喚する場合、
2体分のリリースにできる。
(3):このカードの効果で特殊召喚されたこのカードが存在する限り、
自分はこのカードと同じ属性のモンスターしか特殊召喚できない。

 EXTRA PACK −KNIGHTS OF ORDER−で登場した永続罠
 罠モンスターの1体であり、効果モンスターとして特殊召喚される効果属性を変化させダブルコストモンスターになる誘発効果、自身の特殊召喚先を制限する永続効果を持つ。

 単独で使う場合は上級モンスターラインのとしかならないが、特殊召喚に成功した時に手札コストを払うことでダブルコストモンスターとなる。
 消費枚数は普通のアドバンス召喚と変わらないが、手札コスト魔法・罠カードでもよく、また召喚権を消費しないのは利点である。

 ほど良く高いレベルを持つことから、状況によってはエクシーズ素材シンクロ素材としても活用できる。
 ただし、(3)のデメリットにより、このカードと同じ属性モンスターしか特殊召喚できないので、特殊召喚の順番や採用するシンクロモンスターエクシーズモンスターには注意が必要である。

 相手送りつければ特殊召喚メタとしても機能する。
 特に神属性を指定した場合には三幻神《光の創造神 ホルアクティ》以外の特殊召喚を封じられ、自分のみが一方的に展開できる。
 ただし、アドバンス召喚ができるデッキに対しては拘束力が落ち、《サイクロン》等の魔法・罠除去でも除去されてしまうため過信はできない。
 【転移アシッド・ゴーレム】では相手送りつけ特殊召喚メタを行うというコンセプトが一致しているため、ロックを重視するならこのカードも採用が期待できる。

  • 元ネタは「始皇帝」だろう。
    始皇帝の英訳は「First Emperor」だが、英語名に合わせて「Monarch」が用いられている。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:モンスター扱いのこのカード《スキルドレイン》効果無効になった場合、2体分のリリースにできる効果無効になりますか?
A:いいえ、無効になりません、ただし、自身の効果で変化した属性闇属性に戻り、(3)の効果無効になった状態になります。(14/09/13)

Q:モンスターは元々闇属性ですが、効果発動した際闇属性宣言して闇属性アドバンス召喚の2体分になることはできますか?
A:その場合でも、闇属性宣言して発動でき、闇属性アドバンス召喚の2体分になることはできます。(14/09/20)

Q:神属性となったこのモンスターコントロール相手に移した場合、相手神属性以外を特殊召喚できなくなりますか?
A:はい、相手神属性以外を特殊召喚できなくなります。(14/09/13)

Q:自身の効果により水属性となっています。
  その後炎属性宣言《DNA移植手術》発動した場合、どのような処理になりますか?
A:このモンスター炎属性になり、(3)の永続効果により炎属性のみ特殊召喚可能となります。
  なお、この状態の時炎属性アドバンス召喚の2体分になることはできず、宣言した属性である水属性アドバンス召喚の2体分とならばなることができます。(14/09/13)

Q:炎属性宣言した《DNA移植手術》適用されています。
  このカード発動し、モンスター効果水属性宣言した場合どのような処理になりますか?
A:このカードのみ水属性となり、水属性のみ特殊召喚可能となりこのモンスター水属性アドバンス召喚の2体分になることができます。(14/09/13)

Q:(3)の効果が有効であるとき、《マジカルシルクハット》発動できますか?
A:《マジカルシルクハット》発動すること自体ができません。(15/04/20)


Tag: 《始源の帝王》 永続罠 罠モンスター(効果) 星6 闇属性 悪魔族 攻1000 守2400 帝王

広告