()のデッキ破壊(はかい)ウイルス/Crush Card Virus》

通常罠(制限カード)
(1):自分フィールドの攻撃力1000以下の闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
相手フィールドのモンスター及び相手の手札を全て確認し、
その内の攻撃力1500以上のモンスターを全て破壊する。
その後、相手はデッキから攻撃力1500以上のモンスターを3体まで選んで破壊できる。
このカードの発動後、次のターンの終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。

 遊戯王デュエルモンスターズII 闇界決闘記 付属カードで登場した通常罠
 全体除去手札破壊ピーピング効果を併せ持つ、ウイルスカードの元祖。

 攻撃力1000以下の闇属性モンスター1体という軽いコストで、相手フィールドおよび手札攻撃力1500以上のモンスターを全て破壊することができる。
 更に相手の裏側表示モンスター手札を全て確認でき、大きなカード・アドバンテージ情報アドバンテージが得られる。
 フリーチェーンであるため、相手攻撃を防いだり、儀式魔法融合魔法にチェーンして発動不発にしたりと、自由なタイミングで使用可能。
 特に攻撃力の高いモンスターが豊富なデッキに対して、大きな打撃を与えられる。

 一方で、「相手デッキモンスターを3枚破壊墓地へ送る事ができる」という、デメリットになる可能性が極めて高い効果もある。
 この効果は任意であるためデッキ破壊としては効かず、相手に3枚もの墓地肥やしのチャンスを与える事になり、【征竜】【シャドール】など墓地の利用度が高いデッキに対して発動すると却って相手を利することになる。
 特に【シャドール】については、ほとんどのモンスターが「効果墓地へ送られた」時にアドバンテージを回復する効果を持ち、相手アドバンテージを与えるだけになってしまうため、発動は絶対に避けたい。
 また、破壊であるために《炎王神獣 ガルドニクス》《光と闇の竜》など「破壊され墓地へ送られた時」の効果発動も許してしまう。
 相手デッキタイプによっては致命的なアドバンテージ相手に献上しかねないため、デッキタイプが分からない序盤に使用するのは危険。
 情報アドバンテージこそ確実に得られるが、最初の除去であまりアドバンテージを得られていない場合は特にきつい。

 ただし、除外ギミックを合わせれば墓地アドバンテージを増やされることはないので、デメリット効果を回避できるようになる。
 《マクロコスモス》等を使用する【次元帝】では、《異次元の偵察機》ウイルス媒体にすることができる。
 他には、《M・HERO ダーク・ロウ》等を使用する【M・HERO】では《E・HERO シャドー・ミスト》ウイルス媒体になる。

 また、次のターンの終了時まで相手プレイヤーが受けるダメージが0になるデメリットも有している。
 相手ターン発動した場合は、次の自分ターン相手に一切ダメージが通らないので大きなディスアドバンテージとなる。
 自分ターンバトルフェイズ終了後に発動すればデメリットが小さくなるので、発動タイミングを見極める必要がある。

 総合すると、エラッタで追加されたデメリットにより、デッキ次第で大きく効力が変わるカードとなった。
 最も刺さるのは「高攻撃力モンスターが多く、墓地をあまり利用しないデッキ」であり、採用の可否は環境によるところが大きいといえる。

  • エラッタ前のテキストは以下の通り。
    自分フィールド上の攻撃力1000以下の
    闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
    相手フィールド上のモンスター、相手の手札、
    相手のターンで数えて3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、
    攻撃力1500以上のモンスターを破壊する。 
    エラッタ前と比較して効果処理が変更され、大幅に弱体化した。
    他のウイルスカードと異なり、相手ドローしたカードを確認して破壊できなくなり、相手墓地肥やしできる処理が加えられ、2ターンもの間相手ダメージを与えられなくなった。
  • 「乃亜編」の回想シーンにおいて、海馬がモクバに株の仕組みを計100枚のカードで説明する際に使用している。
  • 「ドーマ編」では「vsアメルダ」戦にて伏せるも即座に見破られて、《王宮のお触れ》により封殺される。
    しかしその後、《クリティウスの牙》と共に《デス・ウイルス・ドラゴン》の融合素材になる事で逆転に貢献した。
  • 海馬は原作・アニメオリジナル・Rで計8回発動を狙うも、遊戯戦・イシズ戦・城之内戦の3度しか成功せず、しかもそのうち2回は逆に利用されてしまっている。
    デッキを根こそぎ破壊するこの様なカード発動が毎回成功してしまっては、デュエルの面白みがなくなってしまうので仕方ないだろう。
  • コナミのゲーム作品において―
    過去のGB版DMシリーズでは、《ウイルスカード》という魔法カードとして登場している。
    効果はやや異なり、コストが必要ない代わりに「相手フィールド上の攻撃力1500以上のモンスターを全て破壊する。」というものである。
    「遊戯王 真デュエルモンスターズII 継承されし記憶」では、攻撃力1000以下のモンスターに「バトルで破壊されると周囲1マスをウィルス地形に変更する」効果を与える装備魔法として登場した。
    しかし旧神族は、全て共通してその効果を所有していた上、その「ウィルス地形」でも破壊されなかった。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:裏側守備表示カードに記載された攻撃力が「?」のモンスターリリースして発動する事はできますか?
A:はい、可能です。

Q:魔法&罠カードゾーンセットされている《トイ・マジシャン》破壊することはできますか?
A:いいえ、できません。魔法&罠カードゾーンのカードはチェックしません。

Q:相手フィールド攻撃力1500以上のモンスター表側表示で存在し、相手手札が0枚の時に発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/12/19)

Q:相手手札が0枚で、相手フィールド攻撃力1500以上のモンスター表側表示で存在しない場合に発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/12/19)

Q:効果解決時フィールド手札相手攻撃力1500以上のモンスターが存在しなくなり、このカード効果破壊する処理ができなかった場合、相手デッキモンスター破壊する処理を行なう事はできますか?
A:いいえ、できません。(14/12/19)

広告