()のデッキ破壊(はかい)ウイルス/Crush Card Virus》

通常罠(禁止カード)
自分フィールド上の攻撃力1000以下の
闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
相手フィールド上のモンスター、相手の手札、
相手のターンで数えて3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、
攻撃力1500以上のモンスターを破壊する。

 遊戯王デュエルモンスターズII 闇界決闘記 付属カードで登場した通常罠
 全体除去手札破壊ピーピング効果を併せ持つ、ウイルスカードの元祖。
 このカード現役の頃は、闇属性モンスターは「攻撃力が1000以下であるか否か」が、採用の判断基準にもなっていた。
 逆にこのカード禁止カードに指定されたことで、存在価値を失い採用率が激減したモンスターも数多い。

 通常罠である為に発動タイミングが問われず、限定的ではあるが相手の行動を制限し、相手手札、及びセットされたモンスター確認する事ができる。
 特に攻撃力の高いモンスターが豊富なデッキに対して、壊滅的な打撃を与えられる。

 発動にはリリースが必要になるが、《クリッター》《魂を削る死霊》を始めとして、《黒蠍−棘のミーネ》《見習い魔術師》《執念深き老魔術師》等、候補は豊富に存在する。
 このカード制限カードであった時期には、このカードを回収でき、媒体にもなる《闇の仮面》と併用されたことも。
 デッキ全体で見てリリースとなるモンスターの数が少なくとも、《キラー・トマト》リリース要員をリクルートすることで、発動を補助できる。
 闇属性かつ攻撃力の低いモンスターを多用する【D−HERO】などとは特に相性が良い。
 フリーチェーンなのでスタンバイフェイズに奇襲をかけたり、除去チェーンして発動したりと応用も効く。

 しかし、手札破壊全体除去といっても以下の状況等のように完璧ではない。

  1. 攻撃力1500未満のモンスターや、いわゆるモンスター除去できない
  2. 発動後に相手モンスター強化された場合、それを破壊する事はできない
  3. 《クリッター》《増援》等によってサーチされたモンスターは、ドローでない為に破壊できない
  4. 《戦士の生還》《暗黒よりの軍勢》等によってサルベージされたモンスターは、破壊できない
  5. 《死者蘇生》リクルーター等による、発動以降の特殊召喚には対応できない
  6. 破壊したモンスターを逆に蘇生されてしまう可能性がある 
  7. 《ヴァンパイア・ロード》《ネフティスの鳳凰神》《闇より出でし絶望》には、効果発動されてしまう

 ほとんどの場合は、相手攻撃宣言時に発動した方が有用である。
 ただ、相手除去チェーンして発動するのも十分有用である。

  • 「乃亜編」の回想シーンにおいて、海馬がモクバに株の仕組みを計100枚のカードで説明する際に使用している。
  • 「ドーマ編」では「vsアメルダ」戦にて伏せるも即座に見破られて、《王宮のお触れ》により封殺される。
    しかしその後、《クリティウスの牙》と共に《デス・ウイルス・ドラゴン》の融合素材になる事で逆転に貢献した。
  • 原作・アニメオリジナル・Rで計8回狙うも遊戯戦、イシズ戦、城之内戦の3度しか成功せず、しかもそのうち2回は逆に利用されてしまっている。
    デッキを根こそぎ破壊するこの様なカード発動が毎回成功してしまっては決闘の面白みがなくなってしまうので、仕方のない事であろう。
  • コナミのゲーム作品において―
    過去のGB版DMシリーズでは、《ウイルスカード》という魔法カードとして登場している。
    効果はやや異なり、コストが必要ない代わりに「相手フィールド上の攻撃力1500以上のモンスターを全て破壊する。」というものである。
    「遊戯王 真デュエルモンスターズII 継承されし記憶」では、攻撃力1000以下のモンスターに「バトルで破壊されると周囲1マスをウィルス地形に変更する」効果を与える装備魔法として登場した。
    しかし旧神族は、全て共通してその効果を所有していた上、その「ウィルス地形」でも破壊されなかった。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:ドローしたカードに記載された攻撃力が「?」のモンスター破壊できますか?
A:そのタイプのモンスターは、手札内だと攻撃力を判定できないため破壊できません。

Q:裏側守備表示カードに記載された攻撃力が「?」のモンスターリリースして発動する事は出来ますか?
A:はい、可能です。

Q:魔法&罠カードゾーンセットされている《トイ・マジシャン》破壊することはできますか?
A:いいえ、できません。魔法&罠カードゾーンのカードはチェックしません。

広告