()代行者(だいこうしゃ) ウラヌス/The Agent of Entropy - Uranus》

チューナー・効果モンスター
星5/闇属性/天使族/攻2200/守1200
(1):フィールドに「天空の聖域」が存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「代行者」モンスター1体を墓地へ送る。
このカードのレベルは、この効果で墓地へ送ったモンスターのレベルと同じになる。

 ザ・デュエリスト・アドベントで登場した闇属性天使族上級モンスターチューナー
 半上級モンスターの1体で、《天空の聖域》が存在する場合手札から特殊召喚できる召喚ルール効果代行者デッキから墓地へ送りそのモンスターと同じレベルになる起動効果を持つ。

 (1)の効果《天空の聖域》が存在すればノーコスト特殊召喚できるもの。
 自身がチューナーなので通常召喚と合わせての素早いシンクロ召喚、このカード手札に複数枚あればエクシーズ召喚も可能。
 《神の居城−ヴァルハラ》にも対応するので手札からの特殊召喚機会は多いだろう。

 (2)の効果代行者墓地肥やしレベル変更が行える効果
 これにより変更可能なレベルは2〜6となっており、様々なシンクロ召喚エクシーズ召喚が狙える。
 墓地へ送った代行者《マスター・ヒュペリオン》コストにもなるので無駄が少ない。
 また墓地へ送るのは効果であるため、同じレベルカードも送る事ができる。

 代行者としては《神秘の代行者 アース》に続く2体目のチューナーとなる。
 シンクロ召喚と相性のよい《創造の代行者 ヴィーナス》と共に、幅広いシンクロ召喚が行える。
 《神秘の代行者 アース》のようにシンクロ召喚ディスアドバンテージは軽減できないが、特殊召喚効果レベル変更効果により、豊富なシンクロ召喚が行える。
 また《魔王龍 ベエルゼ》等の闇属性チューナー素材指定するモンスターに利用ができるのもあちらにはない特徴である。

  • 「ウラヌス」とは「天王星」である。
    ローマ神話の神でもあり、ギリシャ神話の天空神「ウーラノス」に由来する。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:(2)の効果墓地へ送る処理と同じレベルになる処理は同時に行う扱いですか?
A:はい、同時に行う扱いです。(14/04/19)

Q:このカードと同じレベルモンスター墓地へ送る事もできますか?
A:できます。
  レベル5である《死の代行者 ウラヌス》を墓地へ送る事も可能です。(14/05/12)


Tag: 《死の代行者 ウラヌス》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星5 闇属性 天使族 攻2200 守1200 代行者

広告