時読(ときよ)みの魔術師(まじゅつし)/Timegazer Magician》

ペンデュラム・効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻1200/守 600
【Pスケール:青8/赤8】
自分フィールドにモンスターが存在しない場合にこのカードを発動できる。
(1):自分のPモンスターが戦闘を行う場合、
相手はダメージステップ終了時まで罠カードを発動できない。
(2):もう片方の自分のPゾーンに「魔術師」カード
または「オッドアイズ」カードが存在しない場合、
このカードのPスケールは4になる。
【モンスター効果】
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
1ターンに1度、自分のPゾーンのカードは相手の効果では破壊されない。

 スターターデッキ(2014)で登場した闇属性魔法使い族下級ペンデュラムモンスター
 ペンデュラムモンスター戦闘時に罠カードを封じるペンデュラム効果と、魔術師オッドアイズが存在しない場合にペンデュラムスケールを4にするデメリットペンデュラムゾーンカード破壊から守る永続効果を持つ。

 モンスターが存在するとペンデュラムゾーンに置けない、魔術師オッドアイズがいない場合ペンデュラムスケールは4になる、という二重のデメリットがあり、ペンデュラムスケール8としてはかなり使いにくい。
 デメリットのないペンデュラムスケール8の魔術師《竜穴の魔術師》をはじめ何体も存在しており、そちらを採用すれば十分である。

 ペンデュラム効果《次元幽閉》等のペンデュラムモンスターが苦手とするカードには強いが、ペンデュラムモンスター以外の場合には適用されない。
 ペンデュラムゾーンカード耐性を与えるモンスター効果も悪い効果ではないが、このカードの攻守が低く戦闘破壊されやすいのがネック。
 どちらの効果も有用ではあるのだが、デメリットステータスの問題を抱えてまで使いたいかというと微妙である。

 使うのであればサポートカード《クロノグラフ・マジシャン》との併用が必須となる。
 あちらのペンデュラム効果を利用することでコストなしでリクルートできるレベル3となり、エクシーズ素材などに活用できる。

  • 「遊矢vsストロング石島」戦でペンデュラム効果発動する際には、「時空を見定める《時読みの魔術師》よ!その精緻なる力で我を守護せよ!」と口上が述べられている。
    また、効果発動の際には背景に時計の歯車が描かれ、右腕の装飾が時計に見立てられる演出があった。
    • 「遊矢vsジャック」(3戦目)で融合素材に使われる際には「時の指針」と称されている。
  • ペンデュラムモンスターに書き換わったのは、負けたくないという遊矢の中に眠るズァークの意思によるものと第140話にて明かされている。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE SPでは遊矢に、攻撃時のボイスが存在する。

関連カード

―《時読みの魔術師》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:相手《大嵐》ペンデュラムゾーンカード2枚が1度に破壊される場合、その両方を守れますか?
A:はい、両方守れます。(14/05/23)


Tag: 《時読みの魔術師》 ペンデュラムモンスター 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 魔法使い族 攻1200 守600 スケール8 魔術師

広告