次元融合(じげんゆうごう)/Dimension Fusion》

通常魔法(禁止カード)
2000ライフポイントを払う。
お互いに除外されたモンスターをそれぞれのフィールド上に可能な限り特殊召喚する。

 暗黒の侵略者で登場した通常魔法
 高いライフコストと引き換えに、除外されたモンスターを可能な限り特殊召喚する効果を持つ。

 《異次元からの帰還》相互互換となる帰還カード
 お互い効果を受けるため、除外された相手モンスターまで帰還すると、自分攻撃の際に邪魔になりこちらが窮地に陥る可能性がある。
 そのため、無差別にカード除外する戦術をとる場合、自分のみが効果を受ける《異次元からの帰還》が優先される。
 また、汎用性が高い《奈落の落とし穴》《次元幽閉》等の除外カードを使用する場合はこのカードの採用を控えるべきである。

 除外ゾーンに自分モンスターしか存在しない状態ならば、《異次元からの帰還》と同じ様に除外ゾーンのモンスターを一方的に展開できる。
 《魂を喰らう者 バズー》《神剣−フェニックスブレード》等で自分モンスターのみを除外し続ける場合は気兼ねなく発動できる。

 《異次元からの帰還》とどちらを採用するかは、戦術とデッキによるだろう。
 こちらの主なメリット通常魔法であるが故の速攻性や、帰還させたモンスターフィールドに留まること。
 加えてライフコストを大きく払う必要はなく、《王宮のお触れ》との併用が可能となる等。
 機会はあまりないが通常魔法の為、《D−HERO ダイヤモンドガイ》発動できるのもメリットと言える。
 デメリットライフコストが固定であるが故に、2000以下のときは発動できず、相手除外カード次第では特殊召喚を許してしまう。

 除外デッキ以外では、以下のような使い方が存在する。

  1. 《オーバーロード・フュージョン》《龍の鏡》《フュージョン・ゲート》除外した高レベルモンスター特殊召喚する。
  2. 《封印の黄金櫃》除外したモンスター特殊召喚する。
  3. 《混沌の黒魔術師》《魔力倹約術》+《次元融合》+《キャノン・ソルジャー》or《マスドライバー》」のコンボ1ターンキルを狙う。
  4. 《天魔神 ノーレラス》《鳳凰神の羽根》+《次元融合》」のコンボ1ターンキルを狙う。
  5. 《神剣−フェニックスブレード》効果除外した戦士族を大量帰還させる【エアブレード】
  6. 《混沌の黒魔術師》《サイバー・ヴァリー》+《次元融合》」のコンボライフの許す限りドロー
    (ここに《魔力倹約術》を絡ませることで無限ドローが可能であったが、《混沌の黒魔術師》エラッタされたことで不可能となった。)
  • 漫画GXでは、「万丈目vs翔」戦にて翔が使用。
    《ソリッドロイドβ》の特殊召喚の為に除外された《ストライクロイド》・《ステルスロイド》(OCGの同名カードとは別物)・《ターボロイド》を特殊召喚し、《ソリッドロイドγ》の特殊召喚に繋げた。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

このカードを使用する代表的なデッキ

FAQ

Q:自分、または相手モンスター除外していない場合、このカード発動できますか?
A:はい、発動できます。
  ただし、お互いモンスター除外していない場合は発動できません。(11/02/11)

Q:相手モンスター特殊召喚を行うとき、特殊召喚の順番はどのようにして処理するのでしょうか?
A:まず発動プレイヤー帰還させるモンスターを選択し、その後もう一人が帰還させるモンスターの選択を行います。
  なお、モンスター帰還は全てが同時に特殊召喚されたものとして扱います。
  →参考例:《サイバーポッド》

Q:正規手順で召喚していない融合モンスター特殊召喚できますか?
A:いいえ、帰還の場合も、蘇生制限と同様の制限が掛かります。

Q:《タイムカプセル》等で裏側表示除外されているモンスター特殊召喚できますか?
A:いいえ、裏側表示のそれがモンスターと分からないため特殊召喚できません。


Tag: 《次元融合》 魔法 通常魔法 融合

広告