失楽(しつらく)堕天使(だてんし)

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/天使族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
天使族モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分がモンスター2体のリリースを必要とする天使族モンスターのアドバンス召喚をする場合、
モンスター2体をリリースせずに自分の墓地からモンスター2体を除外してアドバンス召喚できる。
(2):手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「堕天使」モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。
(3):自分エンドフェイズに発動する。
自分はフィールドの天使族モンスターの数×500LP回復する。

 LINK VRAINS PACK 2で登場した闇属性天使族リンクモンスター
 最上級天使族アドバンス召喚する際のリリース2体を自分墓地からの除外で代用できるようにする永続効果デッキ堕天使サーチするか墓地へ送る起動効果自分エンドフェイズフィールド天使族の数×500ライフ回復する誘発効果を持つ。

 カード名効果の関係から【堕天使】と相性が良いカードである。
 ただし、【堕天使】に採用される天使族上級最上級が多いため、そのままだとリンク召喚がやや難しい。
 採用する場合は展開が容易な下級天使族も何体か採用しておきたい。
 (2)以外は堕天使に関わらない効果なので、最上級天使族を何体か採用する【天使族】への採用も検討でき、《創造の代行者 ヴィーナス》《神聖なる球体》2体からリンク召喚する流れも望みやすくなる。
 《トリックスター・ヒヨス》《トリックスター・ブルム》出張採用するのも良く、《ワン・フォー・ワン》があれば(1)のために召喚権を温存して出す事も可能。

 (1)は最上級天使族アドバンス召喚リリース墓地モンスターで賄う効果
 《マクロコスモス》等がない限り、このカードリンク召喚した時点で墓地には最低2体のモンスターがいるはずなので、除外するモンスターの数が足りないことはないだろう。
 最上級モンスター重さをクリアできる効果だが、このカードリンク召喚までに召喚権を使用している事も当然考えられる。
 召喚権を増やすカードと併用するか、蘇生カード《神の居城−ヴァルハラ》を利用して召喚権を使わずにこのカードリンク召喚したい。

 ただし、特殊召喚可能な最上級天使族を出したいだけならば、始めからそちらを蘇生カード《神の居城−ヴァルハラ》特殊召喚すれば良い。
 従って、特殊召喚に制約があるモンスターや、召喚アドバンス召喚)時に効果発動する天使族が狙い目となる。
 【堕天使】では《堕天使ルシフェル》《堕天使ディザイア》等が該当し、特に前者は出せさえすれば高い性能を誇るので是非とも併用したい。

 (2)はデッキ堕天使サーチするか墓地へ送る効果
 【堕天使】墓地アドバンテージも重視されるデッキなので、サーチだけでなく墓地へ送る選択肢も選べるのはありがたい。
 《ライオウ》《手違い》等が存在しても無駄にならないのも利点。
 手札コストが必要だが、手札にあると腐りがちな堕天使モンスターコストとして有効利用できる他、こちらも手札事故の解消と墓地肥やしになる。
 サーチする場合の使い方は《堕天使の追放》墓地へ送る場合の使い方は《堕天使ユコバック》と同様と考えればいい。

 (3)はエンドフェイズフィールド天使族の数×500だけ回復する効果
 状況次第ではかなりの量を回復できるが基本的にはオマケの効果に近い。
 一応、【堕天使】では共通効果ライフコストを軽減する事に繋がるのであって困る効果ではない。

関連カード

―(1)の類似効果

―(3)の類似効果

イラストカード名関連

(1)の効果アドバンス召喚できる特殊召喚不可モンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《失楽の堕天使》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 闇属性 天使族 攻1600 堕天使

広告