漆黒(しっこく)豹戦士(ひょうせんし)パンサーウォリアー/Panther Warrior》

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻2000/守1600
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードの攻撃宣言の際に、自分はこのカード以外の
自分フィールドのモンスター1体をリリースしなければならない。

 「遊戯王デュエルモンスターズIII 三聖戦神降臨」攻略本上巻 付属カードで登場した地属性獣戦士族下級モンスター
 攻撃宣言する際にモンスターリリースしなければならない永続効果を持つ。

 デメリットアタッカーの1体であるが、現在では同じレベル種族属性攻撃力通常モンスター《ジェネティック・ワーウルフ》が存在するため、存在意義を見いだすのは難しい。
 獣戦士族故にサポートが多い分ライバルが多すぎるのも、差別化が難しい要因である。
 墓地発動する効果を持つモンスターリリースする事で、その力を自発的に活かせるものの、好意的に捉えるまでには至らない。

 《精神操作》相手モンスターコントロール奪取し、コントロールが戻る前にリリースをすれば相手モンスター除去にも繋がるが工夫してもアタッカーとしては扱いにくい。

  • 原作・アニメにおいて―
    原作・アニメDM・遊戯王Rにおいて、城之内の使う主力モンスターカードの1体。
    「バトルシティ編」においては、ほぼ全てのデュエルに登場した。
    初登場は「城之内vsレアハンター」戦で、そのパワーに反して地味な扱いだった。
    攻撃名は「黒・豹・疾・風・斬」、「ソード・アタック」。
  • アニメ版の「バトルシティ編」で、海馬が名蜘蛛に強化に使うように提示したカードの中にも確認できる。
  • アニメGXにおいて「明日香vs吹雪」戦で吹雪が使用。
    OCG化に伴い付加された効果を「孤高の戦士」と表現しており、このカードの設定を作り上げていた。
    また、剣山や吹雪本人からも「呪われた戦士」と評された。
    この時は、何故か「漆黒のパンサーウォーリアー」と「豹戦士」の部分が抜けていた。
    また、この時装備魔法《運命の導き》や専用罠カード《奇跡の瞬間》がサポートカードとして登場し、《迷える仔羊》生け贄を確保している。
    また、地下通路で十代を取り囲むゾンビ生徒の一人が使用している。
    異世界でヘルカイザー亮とエドが連れて来た援軍に加わっていた。
  • バレットの融合召喚時の口上では「獰猛なる黒豹」と称されている。
  • 上述の《獣闘機パンサー・プレデター》はこのモンスターの半身を機械化したようなデザインで、はこのカードの数値を入れ替えたものとなっている。
  • 余談だが、初登場の回が放送された1月25日はこのカードの使い手だった城之内の誕生日でもある。
  • アニメGXでミスターTが使用した通常罠《ゼロ・ゲイザー》、アニメARC-Vで遊矢が使用した永続罠二重大盾(ツイン・ビッグ・シールド)》のイラストに描かれている。
  • 然程使いやすいモンスターでは無いながらもアニメ5作品の内4作品のデュエルで登場しているカードである。
    原作における登場頻度による知名度の高さ故なのだろうか。

関連カード

攻撃宣言のために手順・条件を必要とするモンスターについては《ダーク・エルフ》を参照。

―《漆黒の豹戦士パンサーウォリアー》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:リリースコストですか?
A:コストではありません。また、「攻撃宣言するための手順・条件」としても扱いません。(17/03/10)

Q:《スキルドレイン》が存在する場合は攻撃宣言時にモンスターリリースしますか?
A:いいえ、モンスターリリースせず攻撃宣言できます。(09/07/16)


Tag: 《漆黒の豹戦士パンサーウォリアー》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 獣戦士族 攻2000 守1600

広告