召喚制限(しょうかんせいげん)猛突(もうとつ)するモンスター/All-Out Attacks》

永続罠
このカードがフィールド上に存在する場合に
モンスターが特殊召喚に成功した時、そのモンスターを表側攻撃表示にする。
そのターンそのモンスターが攻撃可能な場合には攻撃しなければならない。

 PHANTOM DARKNESSで登場した永続罠
 特殊召喚したモンスター攻撃表示にし、そのターン強制的にバトルフェイズに入らせ、そのモンスター攻撃させる効果を持つ。

 このカード発動されている間、特殊召喚されたモンスター攻撃表示となり、特殊召喚されたターンに必ず攻撃しなければならない。
 これを利用し、このカード発動されている相手ターン《おジャマトリオ》発動することで、相手おジャマトークンによる自爆特攻を強いることができる。
 このトークン1体の自爆特攻につき2700以上のダメージを与えられるモンスター自分フィールドに存在すれば、1ターンキルを達成できる。
 ただし、おジャマトークンリンクモンスターなどの特殊召喚に使われてしまうと自爆特攻を回避されてしまう。
 上記のコンボを狙う場合は、《おジャマトリオ》相手バトルフェイズに発動するとよいだろう。
 《儀式魔人リリーサー》を素材にした儀式モンスターを併用した場合でも、おジャマトークンを利用した特殊召喚を封じられるのでコンボを狙いやすい。

 《スケープ・ゴート》などのモンスターへのメタとしても機能する。
 特に守備表示戦闘を行うことが前提の超重武者は、低い攻撃力で特攻することを強いられるので強力なメタカードとなる。
 《超重武者ビッグベン−K》などの任意の表示形式変更効果チェーンの関係上必ず攻撃表示になる。

 また、このカード発動されている間は裏側表示特殊召喚されたモンスター攻撃表示となる。
 その為、裏側表示特殊召喚するカードと組み合わせると即座にリバースできる。
 以下はコンボの一例。

  • 英語名の「All-Out」は、日本語で「総力を挙げて」「全面的な」「徹底した」を意味する。

関連カード

イラスト関連

カード名関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:表側攻撃表示を強制する効果対象をとる効果ですか。
A:いいえ。対象をとらない効果になります。(10/06/20)

Q:モンスター特殊召喚に成功した時にこのカード発動した場合、そのモンスターに対しても効果は適用されますか。
A:いいえ。その場合、そのモンスターに対して、このカード効果は適用されません。
  このカード効果が適用されるのは、あくまでこのカードが既に発動している時に特殊召喚に成功したモンスターに限られます。(10/06/20)

Q:《浅すぎた墓穴》のように裏側表示特殊召喚に成功した場合でも効果発動されますか?
A:はい。その場合でも効果の発動を行い、そのモンスター表側攻撃表示になります。(07/11/26)

Q:特殊召喚に成功したモンスターはそのターンに必ずバトルフェイズに入り攻撃するのですか?
A:はい、特殊召喚されたモンスター攻撃可能な場合、必ずバトルフェイズに入り攻撃しなくてはなりません。(07/11/26)
  また、《オオアリクイクイアリ》については起動効果発動した場合、その誓約効果により攻撃が出来なくなります。(08/03/04)

Q:特殊召喚に成功したモンスターリリースしてバトルフェイズを回避できますか?
A:はい、リリースする事でバトルフェイズを回避することは可能です。(07/11/26)

Q:既に表側表示《つまずき》と《召喚制限−猛突するモンスター》が場に存在する場合の処理はどうするのですか?
A:《召喚制限−猛突するモンスター》はチェーン処理を行うカードです。
  この場合《つまずき》と《召喚制限−猛突するモンスター》でチェーンを組み処理を行います。(07/11/26)
  (チェーンの順番については、同時に複数のカードが発動した場合を参照。)

Q:自分デッキが空の状態で《カオスポッド》反転召喚すると、無限ループが発生します。
  (《カオスポッド》デッキ戻す→場にセットされる→リバースする→デッキ戻す…)
  この場合、どうなりますか?
A:ジャッジに無限ループが起こりデュエルが進行しないことを証明した上で、《カオスポッド》効果処理を行いません(発動しません)。
  ただし、無限ループの途中で勝敗が決定する場合、通常通り処理を行います。(07/12/10)

Q:《暗黒の扉》と《召喚制限−猛突するモンスター》が場に存在する状態で、《異次元からの帰還》などでモンスターを複数特殊召喚した場合も特殊召喚された全てのモンスターで攻撃しなくてはいけませんか?
A:いいえ、《暗黒の扉》効果が優先され、特殊召喚されたモンスターの中から一体を選んで攻撃します。(09/02/06)

Q:このカードフィールド上に表側表示で存在します。
  《カオスポッド》効果によって《デスハムスター》Aと《カオスポッド》特殊召喚しました。
  《召喚制限−猛突するモンスター》の効果によってリバース効果発動するため、チェーン1:《カオスポッド》チェーン2:《デスハムスター》Aとチェーンを組み処理をしました。
  《デスハムスター》Bをデッキから特殊召喚《カオスポッド》効果モンスターデッキに戻し、モンスター特殊召喚しました。
  この時、《カオスポッド》効果解決後のタイミングで《召喚制限−猛突するモンスター》の効果は2回発動し、チェーンを組みますか?
  また、そのチェーンの組み方は自由ですか?
A:調整中。(13/02/10)

Q:このカードフィールド上に表側表示で存在します。
  自分ターン《カオスポッド》反転召喚効果発動自分《ライトロード・ハンター ライコウ》を、相手《ニードルワーム》特殊召喚しました。
  この2体が《召喚制限−猛突するモンスター》の効果で同時にリバースした場合、どのようにチェーンを積みますか?
A:ターンプレイヤーである自分効果を先に積みます。
  なお、《カオスポッド》《カオスポッド》特殊召喚された場合の処理については調整中です。(12/07/18)


Tag: 《召喚制限−猛突するモンスター》 永続罠

広告