召喚僧(しょうかんそう)サモンプリースト/Summoner Monk》

効果モンスター(制限カード)
星4/闇属性/魔法使い族/攻 800/守1600
(1):このカードが召喚・反転召喚に成功した場合に発動する。
このカードを守備表示にする。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードはリリースできない。
(3):1ターンに1度、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。
デッキからレベル4モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。

 エターナルRパックで登場した闇属性魔法使い族下級モンスター
 自身をリリースできない永続効果召喚・反転召喚成功時に守備表示となる誘発効果魔法カード手札コストレベル4のモンスターデッキから特殊召喚する起動効果を持つ。

 レベルモンスターキーカードとなるデッキでは、自身を含めそれらを特殊召喚できる優秀なリクルーターと化す。
 《聖鳥クレイン》《終末の騎士》等で更なるデッキ圧縮に、《ライトロード・マジシャン ライラ》等で伏せカードの露払いに貢献できる。
 《D−HERO ダイヤモンドガイ》にも対応しており、必然的にデッキ魔法カードの比重が大きくなりやすい点をフォローできる。

 特殊召喚したターン攻撃ができないデメリットも、このカードと共にシンクロ素材エクシーズ素材に利用する事で無視できる。
 リクルートした時点で即座にランク4のエクシーズ召喚の準備が整い、闇属性モンスターならば《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》も視野に入る。
 《E・HERO プリズマー》や上述の《終末の騎士》に対応する通常モンスター墓地へ送り、そのまま《ダイガスタ・エメラル》に繋げるのも有効。
 先攻ターン目から墓地へ送った《青眼の白龍》《ブラック・マジシャン》等をデメリットなしで容易に蘇生できる。
 更にチューナーリクルートする事でレベル8のシンクロ召喚とも使い分けられ、自身も《ダークエンド・ドラゴン》シンクロ素材に利用できる。
 また、レベル8は不可能となるが《ロード・シンクロン》チューナーとする事でレベル6のシンクロモンスターシンクロ召喚可能となる。

 エクシーズ召喚等を考慮しない場合は、《ならず者傭兵部隊》《王虎ワンフー》等をリクルートするのも選択肢の1つだろう。
 変わった所では通常召喚の方法に制限がある《ジェノサイドキングデーモン》等もそのまま特殊召喚できる。
 加えてリクルートしたモンスター光属性ならば、墓地へ送った後もこのカードと共にカオスモンスターの布石となる。

 コスト魔法カードに限定されるため再利用は難しい。
 効果が十分強力なので、特に意識せずとも手札腐っているカードコストにすればそれで良いだろう。
 もちろん、《おジャマジック》《神剣−フェニックスブレード》等のカードコストにできるならそれに越したことはない。
 《ブレイズ・キャノン》なら《ヴォルカニック・ロケット》によって繰り返しサルベージできる上に、《ヴォルカニック・ロケット》自身がレベル4であるため相性抜群である。

 この様に運用方法は多岐に渡る一方で、《エフェクト・ヴェーラー》《神の警告》等で無効にされてしまうとコストの払い損となる面も存在する。
 更に前者は手札誘発のため、現環境では伏せカードがなくとも気軽に使えない点は否めないだろう。
 攻撃力は元より守備力も過信できる程の数値ではなく、妨害手段がなければ下級アタッカーにそのまま戦闘破壊されてしまう。
 理由がない限りはフィールドに留めたりせず、効果使用後は速やかにエクシーズ素材等にしてしまいたい。

  • 「召喚僧」のあとに、その英訳である「サモンプリースト」という、重複したネーミングである。
    このようなカード名《王虎ワンフー》等の前例がある。
  • 原作ではコストが不要であり、実物より強力だった。
  • アニメZEXAL第6話の徳之助の回想シーンにおいて、徳之助に負けた少年が持っていた。
    また、第31話ではチャーリーによって吹き飛ばされていた。

関連カード

召喚・反転召喚に成功した時に守備表示になるモンスター《絶対防御将軍》を参照。

手札魔法カード捨てる事で効果発動するモンスター《賢者ケイローン》を参照。

―《召喚僧サモンプリースト》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果特殊召喚するモンスターは、裏側守備表示特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。
  効果特殊召喚するモンスターは、表側攻撃表示または表側守備表示特殊召喚します。

Q:《召喚僧サモンプリースト》をシンクロ素材に使えますか?
A:はい、リリースではないため可能です。(08/03/22)

広告