進化(しんか)(まゆ)/Cocoon of Evolution》

効果モンスター
星3/地属性/昆虫族/攻   0/守2000
このカードは手札から装備カード扱いとして
フィールド上に表側表示で存在する「プチモス」に装備する事ができる。
この効果によってこのカードを装備した「プチモス」の攻撃力・守備力は
「進化の繭」の数値を適用する。

 Vol.4で登場した地属性昆虫族下級モンスター
 《プチモス》専用の装備カードとなる起動効果を持つ。

 《プチモス》を進化させるための専用カードであり、装備後に経過したターン数が増えるごとにより攻守の高いモンスターに進化できる。
 2ターン《ラーバモス》、4ターン《グレート・モス》、6ターン経過すれば《究極完全態・グレート・モス》特殊召喚が可能となる。
 ただ、召喚条件の厳しさの割に進化形態は一切モンスター効果がなく、スペックがあまりにも低い。
 加えて進化形態は手札からしか特殊召喚できないため、最上級モンスターアドバンス召喚するのと変わらないディスアドバンテージを負う。
 およそ実戦とは程遠いカードであり、進化態の召喚を目的としたファンデッキと割りきって専用デッキを組む必要がある。

 《アルカナフォースXXI−THE WORLD》を使う事で、効率の悪さこそ補えないが比較的安全に進化できる。
 《安全地帯》《明鏡止水の心》《スターダスト・ドラゴン》《異次元の境界線》【コスモロック】【トランス】【パーミッション】のギミックを併用しても良い。
 このカード《プチモス》《ゴキポン》でのサーチ《共鳴虫》でのリクルート等に対応しており、パーツを揃える事自体は難しくない。
 《グレート・モス》《究極完全態・グレート・モス》サーチしたい場合は《共振虫》《封印の黄金櫃》を使いたい。

 なお《プチモス》召喚後に装備すると攻撃力0が晒されてしまうが、表示形式がどちらにしろ単体でフィールドに留まるのは困難であり、逆に前述のギミックで相手を拘束した後であればあまり気に留める必要はない。
 守備表示にしたいのであれば、《プチモス》《予想GUY》によって守備表示リクルートするのがよいだろう。

関連カード

手札から装備カード扱いとする効果

―《進化の繭》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:このカード効果分類はなんですか?
A:手札で発動する起動効果です。
  《プチモス》対象として発動し、装備魔法カード扱いとして装備します。(14/03/21)

Q:相手フィールド《プチモス》に装備できますか?
A:いいえ、装備できるのは自分フィールド表側表示で存在する《プチモス》のみになります。(11/05/14)

Q:このカードで変化した攻撃力守備力は、元々の攻撃力(守備力)として扱いますか?
A:元々の攻撃力(守備力)として扱います。(16/08/13)

Q:《デーモンの斧》攻撃力が1000アップしている《プチモス》にこのカードを装備した場合、攻撃力はいくつになりますか?
A:1000ポイントです。(15/10/12)

Q:《破天荒な風》攻撃力が1000アップしている《プチモス》にこのカードを装備した場合、攻撃力はいくつになりますか?
A:1000ポイントです。(15/10/12)

Q:《進化する人類》攻撃力が2400になっている《プチモス》にこのカードを装備した場合、攻撃力はいくつになりますか?
A:0です。(16/08/13)

Q:このカードを装備して攻撃力が0になっている《プチモス》《進化する人類》を装備した場合、攻撃力はいくつになりますか?
A:2400です。(15/10/12)

Q:カード名《プチモス》になっている《N・ブラック・パンサー》にこのカードを装備した場合、攻撃力守備力はいくつになりますか?
A:攻撃力0・守備力2000になります。(15/10/26)

Q:《魔力の枷》が存在している場合、このカード《プチモス》に装備させる行為にライフコストは必要ですか?
A:その場合でもライフポイントを払う必要はあります。(15/10/26)


Tag: 《進化の繭》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 昆虫族 攻0 守2000

広告