星読(ほしよ)みの魔術師(まじゅつし)/Stargazer Magician》

ペンデュラム・効果モンスター
星5/闇属性/魔法使い族/攻1200/守2400
【Pスケール:青1/赤1】
(1):自分のPモンスターが戦闘を行う場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法カードを発動できない。
(2):もう片方の自分のPゾーンに「魔術師」カード
または「オッドアイズ」カードが存在しない場合、
このカードのPスケールは4になる。
【モンスター効果】
(1):1ターンに1度、自分フィールドのPモンスター1体のみが
相手の効果で自分の手札に戻った時に発動できる。
その同名モンスター1体を手札から特殊召喚する。

 スターターデッキ(2014)で登場した闇属性魔法使い族上級ペンデュラムモンスター
 ペンデュラムモンスター戦闘時に魔法カードの使用を封じるペンデュラム効果と、特定のモンスターがいない場合にペンデュラムスケールが4になるデメリットペンデュラムモンスターバウンスされた時、手札から特殊召喚する誘発効果を持つ。

 ペンデュラムスケール1だがデメリットがあり、上級モンスターの割に攻撃力が低い。
 ペンデュラム効果バトルフェイズ発動した速攻魔法しか防げないため、メタ範囲が狭い。
 デメリットなしでスケール1の《竜脈の魔術師》より優先する理由がほとんどないのが現状である。
 《竜脈の魔術師》《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》で直接はサーチできないものの、《慧眼の魔術師》を経由すれば間接的にサーチ可能であり差別化点にならない。
 守備力は高いが、同じレベル5ではペンデュラムスケール2だが守備力がほぼ変わらず、有用な効果を持つ《曲芸の魔術師》もいる。

 バウンスメタモンスター効果《強制脱出装置》などに対処できるものの、ペンデュラムモンスター手札に戻った後はペンデュラムゾーンに置いたり、ペンデュラム召喚で再展開できるためメタを行う旨味は少ない。
 出しにくいこのカードフィールドに出ている必要があるので、発動できる機会も少なく、オマケ程度の効果である。

 《アストログラフ・マジシャン》ペンデュラム効果リクルート可能であり、そこから各種シンクロ素材エクシーズ素材として運用したい。

  • 2014年9月にこのカード《時読みの魔術師》がセットで描かれたカードプロテクターが海外で発売された。
    日本では同じセットが「ペンデュラムモンスターズ」として「第2回デュエリストカードプロテクター デザイン大投票」の候補となっていたが、発売予定はない。
  • 下記のアニメ版における攻撃名及びペンデュラム効果名に見られる「ホロスコープ」とは占星術用の天体配置図のことであり、このモンスターの手にする杖にもそれらしきリング状の装飾が見られる。
  • 「遊矢vsストロング石島」戦で自身のペンデュラム効果発動する際には、「天空を見定める《星読みの魔術師》よ!その深遠なる力であだなす敵を封じよ!」という口上が述べられている。
  • ペンデュラムモンスターに書き換わったのは、負けたくないという遊矢の中に眠るズァークの意思によるものと第140話にて明かされている。
  • 初期案では「ホログラム・マジシャン」というルビだった。

関連カード

―《星読みの魔術師》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:このカード自身がバウンスされた場合、この効果手札発動しますか?
A:発動しません。(14/05/14)

Q:ペンデュラムゾーンに置かれているペンデュラムモンスターバウンスされた時、そのモンスターと同名のモンスター特殊召喚できますか?
A:できません。(14/05/14)


Tag: 《星読みの魔術師》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星5 闇属性 魔法使い族 攻1200 守2400 スケール1 魔術師

広告