正義(せいぎ)味方(みかた) カイバーマン/Kaibaman》

効果モンスター
星3/光属性/戦士族/攻 200/守 700
このカードをリリースして発動できる。
手札から「青眼の白龍」1体を特殊召喚する。

 遊戯王デュエルモンスターズインターナショナル2 付属カードで登場した光属性戦士族下級モンスター
 自身をリリースし、《青眼の白龍》特殊召喚する起動効果を持つ。

 《青眼の白龍》と共に手札に揃うことができれば、それを1ターンフィールドに出せる。
 自身は戦士族であるため《増援》《戦士の生還》などに対応している。
 一方の《青眼の白龍》は、《伝説の白石》《召喚師のスキル》等でサーチできる。
 特に《伝説の白石》は、このカード共々《シャインエンジェル》リクルートできる点でもシナジーする。

 とはいえ、基本的にはディスアドバンテージになり、《青眼の白龍》手札にないと腐ることになる。
 同じ《青眼の白龍》のサポートの《青き眼の乙女》手札だけでなく、墓地デッキからも出すことができ、《青眼の白龍》サーチする必要もない。
 一応受動的なあちらと比べこちらは速効性はあるが、《フォトン・サンクチュアリ》《古のルール》でも召喚特殊召喚できるため、このカードを採用するかはよく考えたい。

  • イラストでは海馬瀬人によく似た人物が《青眼の白龍》をモチーフとしたコートをまとっている。
    その姿と後述するアニメの活躍から、ファンからは《海馬》共々「社長」と呼ばれ親しまれている。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXの「十代vsカイバーマン」戦において精霊・カイバーマンが使用。
    後攻1ターン目に召喚され、《青眼の白龍》召喚の補助を担っていた。
    なお、劇中では《正義の味方 カイバーマン》自身がプレイヤーも兼ねており、アニメ版の海馬を彷彿とさせる口調や台詞であった。
    止めとして《青眼の白龍》3体で十代を攻撃する際には「強靱、無敵、最強!」や「粉砕、玉砕、大喝采!」などと、お馴染みの台詞を次々と披露している。
    英語版アニメによると、このカードを作ったのは海馬自身らしい。
  • この精霊・カイバーマンは、海馬瀬人が身に着けていた写真入りのカード型ペンダントを着けているなど、OCGのイラストとは微妙に服装が異なっている。
    作中で彼が召喚したモンスターとしての《正義の味方 カイバーマン》と並ぶシーンがあるが、それを見れば違いは歴然としている。
  • 海馬ランドのマスコットらしく、「KCグランプリ編」の海馬ランドにも出演している。
    また、文庫版遊戯王に掲載された「世界海馬ランド計画!」の完成予想図に「カイバーマン・ショウ」なるものが存在している。
  • コナミのゲーム作品において―
    OCGより先にDM8のオリジナルキャラクターとして登場している。
    ヒーローショーをやっている彼や敵役、さらに「中の人」も含めてすごい事になっている。
    また、「WORLD CHAMPIONSHIP 2008」では対戦相手として登場。
    通常モンスター軸の【青眼の白龍】を使用し、「《青眼の白龍》召喚したうえで勝利せよ」という課題デュエルを挑んでくる。
    また、これに勝利するとフリーモードに海馬が登場する。
    GBAソフト「遊戯王 双六のスゴロク」にもキャラクターとしても登場する。
    ステージの中には「カイバーマンショーを見て1回休み」という内容もあるのだがそれだけではなく、このゲームに登場する「スーパーパワー」により、「自分以外は一回休み(実質、2回連続で自分のターン)」という能力を持っている。
  • 「遊戯王ONLINE DUEL EVOLUTION」において「CHAMPIONSHIP SUMMER2007」のベスト4に送られる賞品カードとして登場。
    したがって、レアリティが高いカードだったが第4回アルティメットマッチの景品となった。

関連カード

収録パック等

広告