聖騎士(せいきし)追想(ついそう) イゾルデ/Isolde, Two Tales of the Noble Knights》

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/戦士族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
戦士族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。
このターン、自分はこの効果で手札に加えたモンスター及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できず、
そのモンスター効果も発動できない。
(2):デッキから装備魔法カードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる(同名カードは1枚まで)。
墓地へ送ったカードの数と同じレベルの戦士族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

 LINK VRAINS PACKで登場した光属性戦士族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合に戦士族サーチできる誘発効果デッキ装備魔法墓地へ送りその数と同じレベル戦士族リクルートする起動効果を持つ。

 聖騎士に属するモンスターであるが、(1)(2)の効果共に聖騎士以外の戦士族聖剣以外の装備魔法にも対応している。
 リンク素材の条件や効果から【聖騎士】だけでなく、【E・HERO】等の【戦士族】デッキでの採用も検討できる。

 (1)は戦士族サーチ効果
 戦士族以外の制限はないが、サーチしたカードの利用が大きく制限される。
 手札加えたモンスターをそのターンに利用する場合は、融合素材儀式召喚リリース《トレード・イン》等のコストに利用するのがいいだろう。
 《たつのこ》などで手札からシンクロ素材にするのも良い。
 ペンデュラム効果は使用できるのでペンデュラムモンスターサーチするのも有効。
 《E・HERO オネスティ・ネオス》のような手札誘発サーチするのも手。

 (2)は装備魔法デッキから墓地へ送ることによるリクルート効果
 効果の関係上、レベル2以上の戦士族リクルートしたい場合は、複数種類の装備魔法デッキに組み込む必要がある。
 その為、最上級モンスターリクルートするには最低でも7種類の装備魔法デッキに入れなければならず、デッキ構築が難しくなる。
 この効果を使う場合、基本的には下級モンスターリクルートすることになるだろう。
 複数種類の装備魔法デッキに無理なく採用できる【聖騎士】ならば、聖剣を間接的にサーチしつつモンスターを展開できる。
 レベルチューナーリクルートすれば《魔聖騎士皇ランスロット》シンクロ召喚を容易に狙える。
 聖剣墓地に置き、レベル4の聖騎士を出せば、《聖騎士王アルトリウス》エクシーズ召喚と、その効果を最大限活用する状況を作れる。
 《祝福の教会−リチューアル・チャーチ》を併用すると次のターンコストを確保すると同時に蘇生まで行える。
 《神剣−フェニックスブレード》ならば戦士族除外しつつ自身をサルベージできる。

  • 「イゾルデ(Isolde)」とは、「アーサー王物語」の一節『トリスタンとイゾルデ』の登場人物である。
    この物語では「金髪」と「白い手」の2人の「イゾルデ」が存在する。
    イラストには2人の女性が描かれており、その特徴から右側が「金髪のイゾルデ」、左側が「白い手のイゾルデ」だろう。
  • 「金髪のイゾルデ」はアイルランドの王女。
    トリスタンがアイルランドの暴竜を退治した事から、彼の叔父であるコーンウォールのマルク王と政略結婚をした。
    しかし、トリスタンと不義の愛を抱いてしまった事から、マルク王とトリスタンの良好な関係に亀裂を生じさせてしまう。
  • 「白い手のイゾルデ」はブルターニュ公の姫であり、トリスタンの親友カエルダン卿の妹。
    のちにトリスタンと結婚するが、彼は「金髪のイゾルデ」しか愛しておらず、彼女を妻として迎えたのは「名前が同じイゾルデだから。友人の妹だから」といった理由から。
    このことで「白い手のイゾルデ」は嫉妬するようになり、『トリスタンとイゾルデ』の結末ではこの嫉妬がトリスタンの最期の引き金となっている。
  • 背景には船の帆が描かれており、帆の色は右と左で白と黒の2色となっている。
    これは、瀕死のトリスタンの元へ金髪のイゾルデが船で向かう際、「イゾルデが乗っているなら白い帆を、乗っていないならば黒い帆を掲げる」という約束をしていたことに由来するのだろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《聖騎士の追想 イゾルデ》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 光属性 戦士族 攻1600

広告