絶対魔法禁止区域(ぜったいまほうきんしくいき)/Non-Spellcasting Area》

永続魔法
フィールド上に表側表示で存在する全ての
効果モンスター以外のモンスターは魔法の効果を受けない。

 ガーディアンの力で登場した永続魔法
 「効果モンスター以外のモンスター」に、《ホルスの黒炎竜 LV6》のような魔法カード効果を受けない耐性を付与する。

 通常モンスターだけでなく、融合モンスター儀式モンスターシンクロモンスターエクシーズモンスターでも、効果モンスターでないなら魔法耐性を得られる。
 だが、《地砕き》《光の護封剣》が多用されていた時代ならともかく、除去の主力がモンスター効果罠カードになった現在では、魔法カードだけへの耐性は頼りない感がある。
 2枚以上重複すると使い途がない点なども相まって、【通常モンスター】系列でも採用率は高くない。

 使うのであれば、《ブラック・ホール》相手モンスターだけ全滅させられる点や、《戦線復活の代償》自壊デメリットを打ち消せる点など、自発的に耐性を活かしたい。
 ただし《思い出のブランコ》《黙する死者》などの「デメリットを受けた状態で特殊召喚する」カードデメリットはこのカードでも無視できない(すでに受けた効果を後から打ち消す事はできない)。
 また、《滅びの爆裂疾風弾》使用時に《青眼の白龍》攻撃できなくなるデメリットなどは、効果外テキスト誓約効果)であるため無視できない。
 同様に、《馬の骨の対価》《孵化》などでコストにする事は可能である。

  • 背景が酷似しているイラストというのはいくつか存在するが、このカードのように他のカードイラストの構図がほぼそのまま流用されているものは珍しい。

関連カード

―「効果モンスター以外のモンスターに関する効果」を持つカードについては効果モンスターの該当部分を参照

―名前関連

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールド上に《早すぎた埋葬》を装備した《青眼の白龍》と《絶対魔法禁止区域》が存在します。
  この状態で《大嵐》発動し、《早すぎた埋葬》と《絶対魔法禁止区域》が同時に破壊されるとどうなりますか?
A:《青眼の白龍》フィールドに留まります。

Q:《絶対魔法禁止区域》適用中に通常モンスター《光神化》特殊召喚した場合、自壊を免れることはできますか?
A:いいえ、できません。(14/04/16)

Q:《絶対魔法禁止区域》適用中に効果なし融合モンスター《簡易融合》特殊召喚した場合、「攻撃不可」「破壊」はどうなりますか?
A:両方とも、適用されます。(11/05/09)

Q:《リバース・オブ・ネオス》を使用した場合、特殊召喚された《E・HERO ネオス》は、攻撃力がアップし、エンドフェイズ自壊しますか?
A:その場合でも、《リバース・オブ・ネオス》効果特殊召喚された《E・HERO ネオス》攻撃力は1000アップし、エンドフェイズ時に破壊されます。(14/03/24)

Q:《絶対魔法禁止区域》が適用中の時、《X−ヘッド・キャノン》《Y−ドラゴン・ヘッド》を装備しました。以後《X−ヘッド・キャノン》戦闘破壊される時《Y−ドラゴン・ヘッド》が代わりに破壊されますか?
A:《絶対魔法禁止区域》が存在する時に、《Y−ドラゴン・ヘッド》が装備された《X−ヘッド・キャノン》戦闘によって破壊される場合、《Y−ドラゴン・ヘッド》が代わりに破壊されます。(09/06/26)

Q:《絶対魔法禁止区域》が適用中の時、《X−ヘッド・キャノン》《ミスト・ボディ》を装備しました。以後《X−ヘッド・キャノン》戦闘破壊される時破壊されなくなりますか?
A:《絶対魔法禁止区域》が存在する場合、《ミスト・ボディ》を装備した通常モンスター戦闘によって破壊されます。(09/06/26)

Q:再度召喚されていない状態(通常モンスター扱い)のデュアルモンスターには適用されますか?
A:適用されます。(10/07/15)

Q:《ハードアームドラゴン》リリースしてアドバンス召喚した《青眼の白龍》は、このカードの持つ効果適用されますか?
A:はい、適用されます。
  この場合《青眼の白龍》カードの効果では破壊されず魔法カード効果を受けなくなります。(14/05/24)


Tag: 《絶対魔法禁止区域》 魔法 永続魔法

広告