伝説(でんせつ)のフィッシャーマン三世(さんせい)/The Legendary Fisherman III》

特殊召喚・効果モンスター
星7/水属性/戦士族/攻2500/守2000
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドの「伝説のフィッシャーマン」1体をリリースした場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した時に発動できる。
相手フィールドのモンスターを全て除外する。
このターンこのカードは攻撃できない。
(2):このカードは戦闘・効果では破壊されず、
魔法・罠カードの効果を受けない。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
除外されている相手のカードを全て墓地に戻し、
このターン、相手が受ける戦闘・効果ダメージは1度だけ倍になる。

 ディメンション・オブ・カオスで登場した水属性戦士族特殊召喚モンスター
 特殊召喚に成功した時に相手モンスターを全て除外できる誘発効果破壊されず魔法・罠カード効果を受けない永続効果相手除外カード墓地戻し相手へのダメージを1度だけ2倍にする起動効果を持つ。

 特殊召喚に成功した時には(1)の効果により相手モンスターを一気に除外できる。
 対象を取らない除外のため耐性を持つモンスターは少なく、(2)の耐性により《ブレイクスルー・スキル》等で無効化されないのもありがたい。
 自身は効果を使うと攻撃できないが他のモンスター直接攻撃が可能になるため、(3)の効果も併用すれば1ターンキルも狙える。

 特殊召喚そのものを無効にする類を除けば、(2)の効果により魔法・罠カード効果は一切受けない。
 対モンスターに関しても、戦闘破壊されずモンスター効果破壊もされないため大いに優位に立つことができる。
 効果無効化や召喚を妨害してくるものや破壊を介さない除去を行えるモンスターは苦手だが、そこさえ防げば強固なモンスターにもなり得る。

 (3)の効果除外されたカード墓地に戻すことで1度だけダメージを倍にする効果
 (1)の効果でがら空きになりやすいので、他のモンスター直接攻撃でのダメージを倍にしてサポートができる。
 もしくは(1)の効果を使わず、相手モンスター《ミニマム・ガッツ》を使うなどしてこのカード攻撃しても良いだろう。
 あくまでも副次的作用だが、除外されている状態で効果を発揮するカード墓地に戻すことで妨害もできる。
 ただし、除外したカード墓地に戻すという行為は、大抵のデッキにはむしろ墓地リソース回復の手助けをする事の方が多い。
 そのため、そのターンで決着をつけられる算段がない限り、無理にこの効果を狙う必要はない。

 最大の難点は、特殊召喚にはこのカード手札に入れた上で、フィールド《伝説のフィッシャーマン》(又は《伝説のフィッシャーマン二世》)が必要になること。
 《伝説のフィッシャーマン二世》である程度の支援が可能だがこのモンスター《伝説のフィッシャーマン》サポートが乏しいステータスである上級モンスターなので、事故が生じやすい。
 また、《海》適用されない状態では《伝説のフィッシャーマン》並びに《伝説のフィッシャーマン二世》自体にはモンスター効果罠カードへの耐性もなく、カードが揃ってもこのカードを出す前に妨害を受けやすい。
 このカード自体も破壊以外のモンスター効果で処理される可能性も高く、過信はできない。

 《伝説の都 アトランティス》を使ってリリースなしで召喚したり、《おろかな埋葬》等で墓地へ送り、そこから蘇生《ファントム・オブ・カオス》カード名をコピーするのも良い。
 レベル4の水属性戦士族《トランスターン》を使用してリクルートする手段も考えられる。
 裏側守備表示でもリリースできるので、《魔装戦士 ドラゴノックス》《伝説のフィッシャーマン》蘇生させ、リリースするのも手か。
 また、このカード自身蘇生制限を満たしても蘇生帰還ができない特殊召喚モンスターなので、正規手順を狙わず《青天の霹靂》特殊召喚するという手もある。

  • 二世を飛ばして三世であるが、初代の使い手の梶木漁太が《伝説のフィッシャーマン》を父親と重ねて見ていたことから考えると、二世は梶木自身のことを指しているのかもしれない。
    千年の書(ミレニアム・ブック)」でも、「父親が『フィッシャーマン』ということは、梶木が二世…?」と書かれている。
    また、このカードについては、「梶木漁太が父親を想って愛用していたモンスターの孫(?)」とも書かれている。
    後に《伝説のフィッシャーマン二世》が実際に登場したが、その外見は上記の記述を反映したのか梶木に瓜二つであった。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-Vの「月影&セレナ&黒咲vsオベリスク・フォース3人組」戦において、乱入した大漁旗鉄平が使用。
    自身の効果によって特殊召喚され、オベリスク・フォース3人のフィールドの《古代の機械参頭猟犬(アンティーク・ギア・トリプルバイト・ハウンドドッグ)》3体をすべて除外し、未知夫の「RCM(ロイヤル・クックメイト)」と「モンスター・パイ・トークン」のコンボによる効果ダメージを2倍にした。
    だがここで《古代の機械参頭猟犬》を相手墓地に戻したことが仇となり、《古代の機械蘇生》蘇生されたのをトリガーとした効果ダメージにより未知夫共々脱落した。
  • 特殊召喚時の口上は「生まれ変われ、語り継がれし伝承と共に!《伝説のフィッシャーマン三世》!」
  • アニメARC-Vにおいて、除去手段として除外効果を使用した最初のモンスターである。
    アニメ全編を通しても、除去手段で除外を行うのは非常に珍しい。
    また除外演出は他のカードと違い、「一網打尽やー!」と言いながら網で一斉に3体のモンスターを捕まえるという変わったものだった。
    墓地に戻す効果を使った時は、その捕まえたモンスターを網から放つという演出も見られた。

関連カード

収録パック等


Tag: 《伝説のフィッシャーマン三世》 モンスター 特殊召喚モンスター 効果モンスター 星7 水属性 戦士族 攻2500 守2000 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告