銅鑼(ドラ)ドラゴン/Dragong》

ペンデュラム・通常モンスター
星4/地属性/機械族/攻 500/守2100
【Pスケール:青7/赤7】
【モンスター情報】
最新鋭の技術を駆使し、飛行が可能になった戦闘用の銅鑼。
マッハ0.7で天空を翔るその存在に驚愕せざるを得ない。

 ジャンプフェスタ2015 プロモーションカードで登場した地属性機械族下級ペンデュラムモンスター

 単体でもになりうる高い守備力を持ち、たとえペンデュラム召喚ができない状況でも腐りづらいといえる。
 スケール7はデメリットのないペンデュラムモンスターとしては2番目に高く、同じ通常モンスターペンデュラムモンスターである《フーコーの魔砲石》との組み合わせでもレベル3〜6の範囲をカバーできる。
 この特徴は《閃光の騎士》と同一であり、あちらも戦闘に耐えるステータスを持つため、種族属性なども考えて選択するといいだろう。
 こちらは機械族なので《ギアギガント X》エクシーズ素材に使え、《ギアギガント X》効果サーチできる。

 このカードを採用する上での対抗馬として、種族ペンデュラムスケールが同じで、展開効果まで備える《音響戦士ギータス》が存在する。
 こちらは通常モンスターなので《レスキューラビット》に対応し、攻撃力500以下のため《機械複製術》によってフィールドに3体揃えることも可能。
 デッキから揃ってリクルートしやすいため、《ギアギガント X》を始めとしたランクモンスターエクシーズ素材となる点で十分に差別化できる。
 また、エクストラデッキ墓地に溜まりやすいため、《金満な壺》発動条件を満たす事が容易になる点も見逃せない。

  • マッハ0.7(時速約850km)で銅鑼が飛行する姿は確かに驚愕すべきである。
    だが一番の疑問は、何故そこまでして銅鑼を戦闘用に改造しなければならないのかということだろう。
  • カード名は「銅鑼」と「ドラゴン」を掛けたもの。
    英語名は「Dragon」と、銅鑼の英名である「Gong(ゴング)」を掛けている。
    日英で同じシャレが成立している珍しいカードである。

関連カード

―《銅鑼ドラゴン》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《銅鑼ドラゴン》 ペンデュラムモンスター 通常モンスター モンスター 星4 地属性 機械族 攻500 守2100 スケール7

広告