覇王(はおう)逆鱗(げきりん)

通常罠
(1):自分フィールドに「覇王龍ズァーク」が存在する場合に発動できる。
「覇王龍ズァーク」以外の自分フィールドのモンスターを全て破壊し、
自分の手札・デッキ・EXデッキ・墓地からカード名が異なる「覇王眷竜」モンスターを4体まで
召喚条件を無視して特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「覇王眷竜」Xモンスター1体を対象として発動できる。
自分の墓地のモンスター及び自分のEXデッキの表側表示のPモンスターの中から「覇王眷竜」モンスター2体を選び、
対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。

 CODE OF THE DUELISTで登場した通常罠
 《覇王龍ズァーク》以外の自分フィールドモンスターを全て破壊し、除外ゾーン以外の場所からカード名が異なる覇王眷竜を4体まで召喚条件を無視して特殊召喚できる効果墓地から自身を除外することで覇王眷竜エクシーズモンスターエクシーズ素材を与える効果を持つ。

 高い性能を持つ覇王眷竜を4体まで呼び出せるが、リンクモンスター破壊してしまうので、《覇王龍ズァーク》エクストラモンスターゾーンに存在する場合、エクストラデッキからは1体も呼び出せない。
 エクストラデッキから特殊召喚するには相手リンクマーカーを利用する、《覇王龍ズァーク》メインモンスターゾーンに移動させる、リンクモンスター破壊耐性を付与するなどの必要がある。
 よって現実的には手札メインデッキから《覇王眷竜ダークヴルム》《覇王眷竜オッドアイズ》の2体を出し、予め特殊召喚して墓地へ送られた覇王眷竜蘇生するのが限界だろう。
 リンクモンスター破壊耐性を付与して使うなら《星杯神楽イヴ》を使うのが楽で、リンク先《覇王龍ズァーク》を出すだけで耐性を得られ、エクストラモンスターゾーンを含め、エクストラデッキからの特殊召喚枠を2つ用意できる。
 【魔術師】であれば、《虹彩の魔術師》などは各覇王眷竜《覇王龍ズァーク》の素材となるため、墓地覇王眷竜を置きつつ《覇王龍ズァーク》を出すことも不可能ではない。

 しかし、そもそも召喚条件が厳しい《覇王龍ズァーク》発動条件にしている時点でこのカード腐る可能性が高い。
 更に《覇王龍ズァーク》自身の性能も高い為、このカードを使わずとも十分フィニッシャーとしての力があるのもこのカードの存在意義を薄くする。
 発動条件の難しさに対してその見返りが見合っておらず、現状ではロマンカードの域を出ないのは否めない。

 使うなら《覇王龍ズァーク》カード名《ファントム・オブ・カオス》《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》でコピーするのが良い。
 《覇王龍ズァーク》召喚条件を無視でき、《ファントム・オブ・カオス》メインモンスターゾーンに置かれるため、エクストラモンスターゾーンを空けたままにできる。
 《覇王龍ズァーク》とも相性が良い《轟雷帝ザボルグ》効果でもう1枚の《覇王龍ズァーク》をあらかじめ墓地へ送っておくのが安定する手段か。

 なお、(2)の効果《覇王眷竜ダーク・リベリオン》エクシーズ素材を補充できるが、フィニッシャー向きのあちらがエクシーズ素材を持たずにフィールドにいる状況というのがそもそも少ない。
 (1)の効果特殊召喚した《覇王眷竜ダーク・リベリオン》に使う為の効果と考えられるが、その時点で墓地覇王眷竜特殊召喚し切っていることも多い。
 《おろかな副葬》などで直接墓地へ送るのは見返りが少ないため、殆どオマケのような効果である。

  • アニメでのテキストは以下の通り。
    (1):自分フィールドに「覇王龍ズァーク」が存在し、
    2000以上の戦闘ダメージを受けたターンのエンドフェイズに発動できる。
    「覇王龍ズァーク」以外の自分フィールドのモンスターを全て破壊し、
    自分のエクストラデッキ・墓地から「覇王眷竜スターヴヴェノム」「覇王眷竜クリアウィング」
    「覇王眷竜ダークリベリオン」「覇王眷竜オッドアイズ」を1体ずつ召喚条件を無視して特殊召喚する。
    この効果で特殊召喚したモンスターの効果はターン終了時まで無効化される。
    その後、自分のエクストラデッキ・墓地の「覇王眷竜ダークヴルム」2体を
    「覇王眷竜ダークリベリオン」の下に重ねてX素材にできる。
    召喚条件を無視して」とあるが、テキストで指定された4体はエクストラデッキ墓地からの特殊召喚方法に制限があるわけではないので蛇足になっている。
    ただし、「召喚条件を無視=蘇生制限を無視」というルールであった場合は一応意味がある。
  • この手の召喚条件を無視しての大量展開効果OCG化は困難、あるいは弱体化させられるかのどちらかが多い。
    しかし、このカードの場合は、発動条件の緩和、手札デッキからの展開も可能、効果無効化されない、展開先の候補も増える、と珍しく効果自体は強化されている。
    なのだが、OCG化の直前に開始された新マスタールールとの相性が致命的に悪いため、実質的な使い勝手はアニメ版より遥かに劣る結果になってしまった。
    逆に言えば、新ルールが適用されるからこそ(効果そのものは)高い再現性を与えられてのOCG化がなされたと言えなくもない。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《覇王の逆鱗》 通常罠

広告