八汰烏(ヤタガラス)/Yata-Garasu》

スピリットモンスター(禁止カード)
星2/風属性/悪魔族/攻 200/守 100
このカードは特殊召喚できない。
召喚・リバースしたターンのエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた場合、
次の相手ターンのドローフェイズをスキップする。

 Mythological Age −蘇りし魂−で登場した風属性悪魔族下級スピリットモンスター
 スピリットモンスター共通の召喚条件誘発効果と、戦闘ダメージを与えた場合に次の相手ドローフェイズスキップする誘発効果を持つ。

 OCGの根本の1つである『ドロー』を潰す能力を持つ、遊戯王OCG史上でもトップクラスの凶悪さを誇るカードの1つ。
 何の抵抗もできない状態でこのモンスター攻撃されると、事実上全ての行動を封じられるのと同じ事になる。
 ハンデス全体除去を組み合わせた運用が非常に有名だが、ドローロックは一度受けただけでも致命傷となることが多いため、そこまでできなくても一度の攻撃が決まりさえすればかなりの影響を与えられる。

 欠点は、このカード自身が「スピリットモンスター」であるためにあらゆる特殊召喚が不可能な事。
 墓地に落とされた場合は《死者転生》等のサルベージ系以外に回収方法がなく、出すタイミングを考える必要がある。
 だが、逆に言えば相手ターン《サンダー・ボルト》等のモンスター除去を受けず、戦闘破壊される事もないため、ある意味ではスピリットである事がこのカードの凶悪さに拍車をかけていたとも言える。
 また、戦闘を介する必要がありながらステータスが低いため、直接攻撃でもなければまず効果は使えず、相手フィールドモンスターが存在していると単独では手が出せなくなる。
 しかし、直接攻撃できる状況を構築できる全体除去は豊富に存在しているため、実際の運用に際してこの点はほぼ気にならない。

  • なお、伝承のヤタガラスは脚が3本あることで有名だが、このイラストでは1本しか確認できない。
    アニメDMで登場した時のソリッドビジョンでは3本脚になっており、後述の《メビウスの大河》のイラストでは2本なので、脚は任意で収納できるのだろうか。
  • モチーフは「烏」であるにも関わらず、悪魔族である。
    確かに、このモンスター効果は悪魔そのものであるが。
  • アニメGXの「翔&剣山vs氷丸&雷丸」戦に登場した永続罠《メビウスの氷河》に描かれている。
    《メビウスの氷河》は特定の種族効果を受けるが、《八汰烏》が属する悪魔族はその影響を受けない。
  • ZEXALII(セカンド)に登場したハートランド学園サッカー部の部長の名前が「八咫烏」である。
    サッカー日本代表のシンボルがこの「八咫烏」である事も、名前の由来となっているのだろう。

関連カード

―《八汰烏》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《八汰烏》 モンスター スピリットモンスター 効果モンスター 星2 風属性 悪魔族 攻200 守100 特殊召喚不可

広告