捕食植物(プレデター・プランツ)スピノ・ディオネア》

効果モンスター
星4/闇属性/植物族/攻1800/守   0
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターに捕食カウンターを1つ置く。
捕食カウンターが置かれたレベル2以上のモンスターのレベルは1になる。
(2):このカードがこのカードのレベル以下のレベルを持つモンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動できる。
デッキから「捕食植物スピノ・ディオネア」以外の「捕食植物」モンスター1体を特殊召喚する。

 ブースターSP−フュージョン・エンフォーサーズ−で登場した闇属性植物族下級モンスター
 召喚・特殊召喚に成功した場合に相手表側表示モンスター1体に捕食カウンター置くことができる誘発効果、自身以下のレベルを持つモンスター戦闘を行ったダメージ計算後捕食植物リクルートできる誘発効果を持つ。

 このカードフィールドに出して(1)の効果捕食カウンターを乗せ、そのままそのモンスター戦闘すれば(2)の効果に繋げられる。
 ダメージ計算後発動されるためこのカード攻撃力を上回っているモンスター戦闘した場合でもリクルートは可能。
 《捕食植物サンデウ・キンジー》ならばメインフェイズ2に《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》《捕食植物キメラフレシア》融合素材として処理できる。
 反射ダメージは痛いが《捕食植物セラセニアント》を呼び出して自爆特攻し、相手モンスター破壊した上でプレデターカードサーチするのも良い。
 《捕食植物フライ・ヘル》リクルート捕食カウンターを乗せたモンスターに追撃すればダメージを負うことなく破壊までもっていける。
 相手ターンならば《捕食植物ドロソフィルム・ヒドラ》も選択肢であり、守備表示リクルートして墓地捕食植物コストにすれば攻撃力2800までの攻撃に耐えられる。

 このカード自身比較的高い攻撃力を持つので単純に下級アタッカーとして使っても良い。
 レベル4・闇属性守備力0という条件から《暗躍のドルイド・ドリュース》《カメンレオン》効果にも対応している。

 弱点はエクシーズモンスター相手にした場合であり、レベルを持たないため捕食カウンターを置いても(2)の効果に繋げられない。
 また、戦闘を介する条件から相手に妨害されやすい。

 自身のレベル以下のモンスターとの戦闘を条件とするため、レベル4以下を送りつけ攻撃するのも手。
 《キラー・トマト》送りつけ戦闘破壊すれば2体のモンスターリクルートできる。
 《おジャマトリオ》などで低レベルトークンを出してもいい。

 《強化蘇生》等で相手ターン特殊召喚すれば(1)の効果エクシーズ召喚シンクロ召喚を妨害できる。

関連カード

―《捕食植物スピノ・ディオネア》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《捕食植物スピノ・ディオネア》 モンスター 効果モンスター 星4 闇属性 植物族 攻1800 守0 捕食植物 プレデター

広告