方界獣(ほうかいじゅう)ダーク・ガネックス/Dark Garnex the Cubic Beast》

特殊召喚・効果モンスター
星2/地属性/獣族/攻   0/守   0
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドの「方界」モンスター1体を墓地へ送った場合に特殊召喚できる。
(1):この方法で特殊召喚したこのカードの攻撃力は1000アップする。
(2):このカードが戦闘でモンスターを破壊した時、
自分の墓地の「方界胤ヴィジャム」を2体まで対象として発動できる。
このカードを墓地へ送り、対象のモンスターを特殊召喚する。
その後、デッキから「方界獣ブレード・ガルーディア」1体を手札に加える事ができる。

 劇場版 遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACKで登場した地属性獣族特殊召喚モンスター
 自身の召喚条件特殊召喚された場合に自己強化を行う永続効果《方界胤ヴィジャム》蘇生させて《方界獣ブレード・ガルーディア》サーチする誘発効果を持つ。

 方界獣を用いた戦術の第一段階。
 特殊召喚のためには自分フィールド方界モンスター1体を墓地へ送る必要がある。
 コストには通常召喚可能な《方界胤ヴィジャム》《流星方界器デューザ》《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》の名を得た《E・HERO プリズマー》を使用することになるだろう。
 《流星方界器デューザ》召喚時に《方界業》墓地へ送ることでこのカードを間接的にサーチでき、そのままコストにできるため使い勝手が良い。
 ただし、このカードの方がステータスが低いため、何らかの補助は必須となる。

 (2)の効果相手モンスター戦闘破壊することが発動条件だが、(1)で得られる攻撃力は僅かに1000。
 相手モンスター弱体化させるなどして、安全に戦闘破壊できる状況を用意する工夫が必要となる。
 墓地蘇生先となる《方界胤ヴィジャム》落としつつ、攻撃力を最大2400強化できる《方界業》や、攻撃力4000未満を突破可能となる《方界波動》を使用したい。
 方界以外では《月鏡の盾》も相性が良く、デッキトップに戻る効果により、続く《方界獣ブレード・ガルーディア》戦闘も補助できる。
 破壊するのはトークンでも良いのだが、守備表示おジャマトークン戦闘破壊できないため、強化などを併用しないと厳しいか。

 (2)の効果適用されれば《方界獣ブレード・ガルーディア》手札に、その特殊召喚コストとなる方界2体がフィールドに用意される。
 しかし、あちらも戦闘を前提とする効果を持つため、メインフェイズ2で特殊召喚する意義は薄い。
 次の相手ターン《方界胤ヴィジャム》耐性でやり過ごし、次のターン《方界獣ブレード・ガルーディア》特殊召喚し、《方界超獣バスター・ガンダイル》へ繋ぐのが基本となる。
 《方界獣ブレード・ガルーディア》メインフェイズ2に特殊召喚コンバットトリックセットすれば相手ターン効果を使うこともできるが、安定性はやや低い。
 いずれにせよ、このカードを起点として《方界超獣バスター・ガンダイル》まで繋ぐには《方界胤ヴィジャム》墓地に3枚揃える必要があるため、《方界業》の(1)の効果などで速やかに落としておきたい。

  • 強いて「ダーク」の由来を探せば、スリランカの仏教に伝わる黒い邪象「ギリメカラ」のイメージかもしれない。
    インド神話の雷神インドラは、アイラーヴァタという白い象に乗るとされている。
    このアイラーヴァタがスリランカに伝わり悪魔とされたのがギリメカラであり、ヒンドゥー教の中で発展しアイラーヴァタと別の神となったのがガネーシャである。
  • 劇場版パンフレットでは「方界特有の要素にクトゥルー神話に出てくるような深海のクリーチャーのイメージを取り入れた、呪術的なドロドロしたイメージのモンスター」として、上手く制作できたモンスターだとモンスターデザイン担当が名を上げている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《方界獣ダーク・ガネックス》 モンスター 特殊召喚モンスター 効果モンスター 星2 地属性 獣族 攻0 守0 方界

広告