方界曼荼羅(ほうかいまんだら)/Cubic Mandala》

永続罠
(1):自分フィールドに「方界」モンスターが存在する場合、
このターン破壊され相手の墓地へ送られたモンスターを
任意の数だけ対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターの攻撃力を0にして相手フィールドに特殊召喚し、
そのモンスターに方界カウンターを1つずつ置く。
方界カウンターが置かれたモンスターは攻撃できず、効果は無効化される。
(2):対象のモンスターが相手フィールドに存在する限り、
相手が発動したモンスターの効果は無効化される。
(3):対象のモンスターが全てフィールドから離れた場合にこのカードは破壊される。

 劇場版 遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACKで登場した永続罠
 相手モンスター弱体化蘇生させ方界カウンター置く効果相手モンスター効果発動無効にする効果対象が全て離れた時、自壊する効果を持つ。

 (1)は発動ターン中に破壊された相手モンスター蘇生させつつ方界カウンターを乗せる効果
 さらに攻撃力も0になるので、《方界獣ダーク・ガネックス》等の効果発動を支援することもできる。
 ただし、方界には破壊効果を持つものがいないため、発動するには戦闘破壊か、他のカードで事前に破壊する必要がある。
 《方界獣ダーク・ガネックス》などのトリガーにするなら、このカードを使う必要はなく、《おジャマトリオ》などでトークン相手フィールドに出し、攻撃力を上げるなどして倒す方が楽である。
 効果破壊から狙うにしても、相手モンスターを与えているため次のターンエクシーズ素材などに利用される可能性が高い。
 可能なら《激流葬》などと組み合わせて相手ターン発動し、特殊召喚するモンスターエクシーズシンクロ素材にされ難いものを選ぶなど工夫したい。
 《グリザイユの牢獄》《次元障壁》特殊召喚したモンスターを素材にする事自体を封じる事ができるので相性がいい。
 また全体攻撃可能なモンスターとは相性が良く、攻撃してモンスターを全滅させてこのカード発動すれば追加で戦闘ダメージを与えられる。

 (2)は相手発動したモンスター効果無効にする効果
 《エフェクト・ヴェーラー》等で方界モンスター攻撃力リセットされる心配が無くなるので安心して展開できる。
 しかしこのカード効果特殊召喚したモンスターが最低1体は存在する必要がある。

 (3)は自壊効果
 《宮廷のしきたり》フィールドに維持することはできるが、上記の通りただフィールドに存在するだけでは意味がない。

  • 「曼荼羅」とは、仏教の世界観を円や四角の中に規則的に描き図示した絵の事である。

関連カード

発動したモンスター効果無効にするカード

収録パック等


Tag: 《方界曼荼羅》 永続罠 方界

広告