魔界劇団(まかいげきだん)−プリティ・ヒロイン/Abyss Actor - Leading Lady》

ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1500/守1000
【Pスケール:青2/赤2】
(1):1ターンに1度、相手モンスターの攻撃で
自分が戦闘ダメージを受けた時、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●その相手モンスターの攻撃力は、受けたダメージの数値分ダウンする。
●自分のエクストラデッキから、受けたダメージの数値以下の攻撃力を持つ
表側表示の「魔界劇団」Pモンスター1体を手札に加える。
【モンスター効果】
(1):1ターンに1度、自分または相手が戦闘ダメージを受けた時、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は、その戦闘ダメージの数値分ダウンする。
(2):モンスターゾーンのこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された時に発動できる。
デッキから「魔界台本」魔法カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。

 ブースターSP−デステニー・ソルジャーズ−で登場した闇属性悪魔族下級ペンデュラムモンスター
 戦闘ダメージを受けた時に相手モンスター単体弱体化魔界劇団の回収を行うペンデュラム効果戦闘ダメージを受けた時に相手モンスター単体弱体化を行う誘発効果魔界台本サーチする誘発効果を持つ。

 ペンデュラム効果単体弱体化エクストラデッキからのサルベージ
 弱体化は永続的に続くので返しのターン戦闘破壊を望める。
 しかしアドバンテージが取れるわけではないので、出来ればサルベージ効果を優先的に使いたい。
 受ける戦闘ダメージを考えるとペンデュラム召喚が不可能なレベル1の魔界劇団を回収するのが基本となる。
 ただし、効果の発動相手に依存するので狙って発動できるものではないことに注意したい。

 (1)の効果戦闘ダメージトリガー相手モンスター弱体化させる効果
 ペンデュラム効果と似ているが、こちらから攻撃を仕掛けても使える代わりに、対象をとる効果なので効果の対象にならないモンスターには通用しない。
 相手戦闘ダメージを受けた時にも発動するのでこのカードやそれ以下の攻撃力を持つモンスターでも戦闘破壊できる可能性が上がる。
 《魔界劇団−ファンキー・コメディアン》《魔界劇団−デビル・ヒール》ペンデュラム効果と合わせれば大きな弱体化が期待できる。

 (2)の効果破壊された時にデッキから魔界台本セットする効果
 相手がこのカード破壊することは少ないだろうが、その場合は(1)の効果発動するために居座り続けることができる。
 他の魔界劇団とは異なり、時の任意効果であるため、チェーン2以降に効果破壊された場合はタイミングを逃すことに注意。

  • 「ヒロイン(heroine)」とは「女主人公」・「物語の中心となる女性」という意味があるが、アニメでの描写からすると後者だろう。
  • アニメでのテキストは以下の通り。
    【Pスケール:青2/赤2】 
    (1):相手バトルフェイズに1度、自分フィールドの「魔界劇団」モンスター1体を 
    戦闘で破壊した相手モンスター1体を対象として発動できる。 
    その相手モンスター1体の攻撃力は、その戦闘で自分が受けた戦闘ダメージの数値分ダウンする。 
    【モンスター効果】 
    (1):バトルフェイズに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 
    その相手モンスターの元々の攻撃力は、 
    そのバトルフェイズで発生した戦闘ダメージの数値分ダウンする。 
    この効果は相手ターンでも発動できる。 
  • アニメとOCGイラストは全体的な色の濃さの他にも左足の角度がわずかに異なっている。
  • ARC-V 最強デュエリスト遊矢!!の「遊矢vs沢渡」(2戦目)において沢渡が使用。
  • アニメARC-Vで沢渡が使用した通常罠《魔界即興劇−インプロ》、永続罠《魔界劇団の欠員》のイラストに描かれている。

関連カード

―《魔界劇団−プリティ・ヒロイン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《魔界劇団−プリティ・ヒロイン》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星4 闇属性 悪魔族 攻1500 守1000 スケール2 魔界劇団

広告