魔界劇団(まかいげきだん)カーテン・ライザー/Abyss Actor - Curtain Raiser》

ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1100/守1000
【Pスケール:青7/赤7】
このカード名のP効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。
【モンスター効果】
(1):自分フィールドにこのカード以外のモンスターが存在しない場合、
このカードの攻撃力は1100アップする。
(2):1ターンに1度、デッキから「魔界台本」魔法カード1枚を墓地へ送って発動できる。
自分のEXデッキから表側表示の「魔界劇団」Pモンスター1体を手札に加える。

 COLLECTORS PACK 2017で登場した闇属性悪魔族下級ペンデュラムモンスター
 ペンデュラムゾーンから特殊召喚できるペンデュラム効果自己強化する永続効果エクストラデッキから魔界劇団サルベージできる起動効果を持つ。

 ペンデュラム効果は自身をペンデュラムゾーンから特殊召喚する効果
 手札からの特殊召喚や、フィールドが空いた場合のサポートになるが、デュエル中に一度の効果なので、ここぞという場面で活用したい。
 デッキピン挿しする程度なら、エクストラデッキからのサルベージバウンスを受けない限りはデュエル中に1度の制約は気にならない。

 (1)のモンスター効果は条件付きの自己強化
 他にモンスターが居ない場合は実質攻撃力2倍となり、《魔のデッキ破壊ウイルス》媒体にも使える。
 しかし、ペンデュラム召喚による展開が主軸となりやすい魔界劇団の特性とはあまり噛み合っていないので、ペンデュラム効果特殊召喚した後にアタッカーにできるという程度である。

 (2)のモンスター効果デッキ魔界台本コストエクストラデッキから魔界劇団サルベージする効果
 デッキ圧縮サルベージの両方を狙え、墓地へ送られた魔界台本《魔界劇団−デビル・ヒール》《魔界台本「魔界の宴タ女」》《魔界劇団−ビッグ・スター》ペンデュラム効果で回収できる。
 注目すべきは【魔界劇団】の潤滑油であるがエクストラデッキからのペンデュラム召喚が困難な《魔界劇団−エキストラ》を回収できる点。
 もちろん他の魔界劇団サルベージして手札からのペンデュラム召喚を狙っても良い。
 エクストラデッキ魔界劇団がいない限りは腐る可能性もあるので、《魔界劇団−エキストラ》をなるべく早い段階からエクストラデッキに送ることを心がけたい。
 《連成する振動》などの、ペンデュラムゾーンカード破壊しつつアドバンテージを稼げるカードと併用するのもよいだろう。

 同様に、《魔界劇団−エキストラ》を回収できる効果を持つ魔界劇団には《魔界劇団−ダンディ・バイプレイヤー》が存在している。
 あちらのほうがステータスは低いがペンデュラムスケールは高く、《魔界劇団−ビッグ・スター》ペンデュラム召喚も狙える。
 一方こちらは自らアタッカーになれる、レベル魔界劇団《同胞の絆》ランク4のエクシーズ素材が共有できる、魔界台本《魔界劇団−デビル・ヒール》などで回収するコンボも狙えると、互いに一長一短の関係である。

 ペンデュラム効果デッキを選ばず発動できるため、《フォトン・スラッシャー》のような運用も可能である。
 あちらと比較すると妨害を受けやすくデュエル中一度の制約もあるものの、悪魔族で容易に特殊召喚できるレベル4のモンスターは貴重である。
 《DDD怒濤王シーザー》《伏魔殿−悪魔の迷宮−》に利用できるのはこのカードならではの利点。
 この場合は制約の関係上、ピン挿しにするか《闇の誘惑》などによる2枚目以降の処理手段を用意しておきたい。

  • サーカスのテントを被ったような姿をしている。
    名前を直訳すると「幕を上げる者」となり、転じて舞台のオープニングで芸を披露する前座芸人といった意味の言葉である。
  • 魔界劇団では、現状このモンスターにのみ、カテゴリと名前の間にハイフン(−)が記載されていない。
    • 後述の通りアニメではハイフンがあり、他の魔界劇団と統一性があった。
      わざわざこのカードだけハイフンを無くす理由も特に考えられず、OCG化の際のミスの可能性もある。
      なお、英語名ではしっかりハイフンが記載されている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《魔界劇団カーテン・ライザー》 モンスター 効果モンスター ペンデュラムモンスター 星4 闇属性 悪魔族 攻1100 守1000 スケール7 魔界劇団

広告