有翼幻獣(ゆうよくげんじゅう)キマイラ/Chimera the Flying Mythical Beast》

融合・効果モンスター
星6/風属性/獣族/攻2100/守1800
「幻獣王ガゼル」+「バフォメット」
このカードが破壊された時、
自分の墓地から「バフォメット」または「幻獣王ガゼル」1体を選択して特殊召喚できる。

 「遊戯王デュエルモンスターズ4 最強決闘者戦記」攻略本下巻 付属カードで登場した風属性獣族融合モンスター
 破壊される事で、自身の融合素材であるモンスター1体を蘇生できる誘発効果を持つ。

 自身が破壊された時に自身の融合素材1体を蘇生する効果を持つので、このカード破壊されても戦線は維持できる。
 《バフォメット》効果発動すれば、即座に融合召喚する事が可能。
 戦闘破壊効果破壊のどちらでも効果発動するため《野性解放》とは相性が良く、自壊しても後続をフィールドに残すことができる。
 また、《融合回収》手札にあれば、そのターンに再度融合召喚できる。

 しかし、このカードにしろ蘇生できる融合素材にしろ攻撃力が低く、多くの手札を消耗する融合召喚に全く見合わない。
 融合を補助する《バフォメット》上級モンスターであり、召喚反転召喚しなければモンスター効果発動しない。
 しかも、《バフォメット》効果発動しても、消費する手札の枚数自体は減ることはない。

 幻獣の名を持つが、融合とは関連性のない【幻獣】でこのカードをわざわざ融合召喚できるようにする価値は乏しい。
 ただし《E・HERO プリズマー》《幻獣王ガゼル》カード名を与えるサポートにはなるので、そのために組み込む選択肢はあるだろう。

  • 長らく英語版が存在しなかったカードであるが、Absolute Powerforceにてようやく初収録される事になった。
    しかしながら、英語名がゲーム由来の「Mythical Beast」のままなので、テキストに「Phantom Beastとして扱う」という一文が追加されている。
    海外版でカテゴリに含む含まれないの問題を解決する場合に、そのカテゴリをサポートするカードに注釈を付けるケースはあったが、サポートを受ける側に注釈が付けられたのは初めての例である。
  • 「キマイラ(キメラ/chimera)」とは、元々はギリシャ神話に登場する、獅子と山羊の頭・蛇の頭または龍の尾・長い毛の生えた山羊の胴体を持つ怪物である。
    口から吐く炎で村や森を焼き払うなど暴れに暴れていたが、ペガサスに乗った英雄ベレロフォーンに弓矢で倒された。
    実は女性であり、同じくギリシャ神話の怪物であるケルベロスヒュドラらの姉にあたる存在。
  • 転じて「キマイラ(キメラ)」は「一つの個体に異なる遺伝情報を持つ細胞が混じっていることやその生物」を指す言葉として、生物学で使われる言葉になっている。
  • 原作・アニメにおいて―
    「バトルシティ編」の初戦「闇遊戯vsレアハンター」戦から、闇遊戯が使用したカードの1枚。
    原作では1度しか登場していないが、アニメではOCG同様の効果を持ち、何度も特攻隊長的な役回りを演じている。
    「遊戯vsオレイカルコス・ソルジャー」戦でも、岩石をも砕く突進力が描写された。
    このカード破壊される時は、遊戯が押されている状態が多いので、大概は守備力の高い《バフォメット》蘇生する。
    攻撃名は「幻獣衝撃粉砕(キマイラ・インパクト・ダッシュ)」。

関連カード

効果関連

―キマイラのモンスター

収録パック等

FAQ

Q:効果の種別は何になりますか?
A:誘発効果になります。(13/11/30)

Q:《奈落の落とし穴》《抹殺の使徒》で「破壊除外」した場合でも効果発動できますか?
A:はい、発動できます。
  裏側表示のまま破壊されても発動できます。(09/04/29)

Q:ダメージステップ中に破壊された時に発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/07/05)

Q:《グレイヴ・キーパー》が存在している時、戦闘破壊されエクストラデッキに戻った場合は発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/08/09)

広告