《遊戯》

キャラクターカード
あなたのフィールドのみ闇になる。
(悪魔、魔法使い族の攻撃力と守備力はそれぞれ200ポイントアップ。
 天使族の攻撃力と守備力は200ポイントダウン。)
あなたは「ブラック・マジシャン」を生け贄1体で召喚することができる。
あなたは自分のターンのスタンバイ・フェイズ毎に300ポイントのライフを失う。

 ザ・ヴァリュアブル・ブック3 付属カードで登場したキャラクターカード

 悪魔族魔法使い族強化しつつ、その代表格である《ブラック・マジシャン》生け贄を軽減する。
 このカードを活用するならば、やはり【ブラック・マジシャン】に使いたい。
 デュエルが長引けばライフコストも大きくなっていくので、ライフ回復カードの採用も考えられる。

 しかし《ブラック・マジシャン》には召喚に関するサポートカードも多い。
 そうした中で、生け贄を軽減するというのは、やや地味な効果である。

  • 文庫版の作者あとがきによれば、アテム(後述)の名の由来はエジプト神話の神、アテンである。
    アテン神は元々太陽神の一人に過ぎなかったが、ツタンカーメンの父・アメンホテプ4世の治世に行われた宗教改革により「唯一神」とされ、エジプト全土でその信仰を強要される。
    しかしこの改革は古くから信仰されてきたアメン神を支持する神官団や民衆の抵抗によりあえなく失敗に終わった。
    その後アテン神は神としての地位を失い、この改革を行ったアメンホテプ4世は歴史からその名を抹消された。
    名前を失った王、という辺りが名前の由来となったゆえんだろうか。
  • 原作・アニメにおいて―
    いわずと知れた主人公「武藤遊戯」。
    「千年パズル」を完成させた事がきっかけとなり、一つの身体に二つの人格を宿すようになる。
    このカードに描かれている方の人格は、千年パズルに宿る第二の人格であり、その正体は古代エジプトの王「アテム」。
    作中では遊戯からは「もう一人のボク」、アニメオリジナルキャラからは「名も無きファラオ」と呼ばれ、公式資料やゲームでは「闇遊戯」、小説・東映版OPでは「遊戯王」と紹介されている。
    初期は悪人をゲームで懲らしめ、「罰ゲーム!」の決め台詞と共に「グリード」「マインドクラッシュ」「マインド・オン・エア」といった罰を与えていた。
    いくら悪党相手のゲームとはいえ、相手を炎上させたり感電させたり毒殺未遂したりと、相棒(アテムは遊戯をこう呼ぶ)や仲間のためならクラスメイトの魂がに封印されようがお構いなしである。
  • デュエルにおいては、圧倒的なドローの強さを誇る。
    エクゾディアを揃えたのに始まり、随所随所でその時に最適なカード、中には他のデュエルで使えるのか疑問のものまでをドローする。
    アニメの「戦いの儀」ではその状況で自分が欲する最適なカードを引き当てる能力を得て「戦いの神」と呼ばれていた。
    「決闘者の王国」と「決闘都市」の2大大会を制して初代「決闘王」に輝き、作中世界では多大な知名度をもつ決闘者となる。
    アニメオリジナル「ドーマ編」では伝説の竜「ティマイオス」に選ばれたが、これはアテム単体ではなく、2人の遊戯の事を指している。
  • その圧倒的な強さから、デュエルで敗北したことがほとんどない。
    原作・アニメを含めて実力で敗北したのは、「戦いの儀」での「vs遊戯」戦と「ドーマ編」における「vsラフェール」(1戦目)のみである。
    また結果的には勝利しているが、海馬との最初のデュエル(反則によるもの)や「王国編」の「vs腹話術師」戦(ダメージ計算ミスあり)では、《青眼の白龍》がカードに宿った「信じる心」による消滅をしなければ負けていた。
  • アニメGXでは、第1話にアテムと分かれた後の成長した姿(といっても顔は見られないが)で登場し、十代に《ハネクリボー》を渡す。
    その後最終回直前で再登場し、純粋にデュエルを楽しむ気持ちを忘れてしまった十代を過去に飛ばし、過去の自分とデュエルを行うことで再起させる。
    最終話では遊戯と入れ替わる形でアテムも登場し、《E・HERO ネオス》《ブラック・マジシャン》の夢の対決が描かれた。
  • 劇場版「超融合!〜時空を越えた絆〜」にも登場。
    未来から駆けつけた十代・遊星とともに参戦し、映画ならではの豪華演出に一役買っている。

関連カード

―《遊戯》の姿が見られるカード

―関連パック

収録パック等

広告