VWXYZ(ヴィトゥズィ)

デッキ の概要

 ユニオンモンスター除外することでエクストラデッキから特殊召喚されるVWXYZシリーズに主眼を置いたデッキ

《X−ヘッド・キャノン/X-Head Cannon》
通常モンスター
星4/光属性/機械族/攻1800/守1500
強力なキャノン砲を装備した、合体能力を持つモンスター。
合体と分離を駆使して様々な攻撃を繰り出す。
《Z−メタル・キャタピラー/Z-Metal Tank》
ユニオンモンスター
星4/光属性/機械族/攻1500/守1300
(1):1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの「X−ヘッド・キャノン」または「Y−ドラゴン・ヘッド」1体を対象とし、
このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。
●装備されているこのカードを特殊召喚する。
(2):装備モンスターの攻撃力・守備力は600アップする。 
《XZ−キャタピラー・キャノン/XZ-Tank Cannon》
融合・効果モンスター
星6/光属性/機械族/攻2400/守2100
「X−ヘッド・キャノン」+「Z−メタル・キャタピラー」
自分フィールドの上記カードを除外した場合のみ、
エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
このカードは墓地からの特殊召喚はできない。
(1):手札を1枚捨て、相手フィールドの裏側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
その相手の裏側表示の魔法・罠カードを破壊する。

デッキ構築に際して

 《XYZ−ドラゴン・キャノン》《VWXYZ−ドラゴン・カタパルトキャノン》を出すまでの道のりは非常に厳しい。
 普通に運用すると召喚の手間と維持の難しさからディスアドバンテージになるため、主軸にするのはお勧めできない。

 基本はVWXYZ単体のサーチリクルートのし易さに着目し、エクシーズ召喚等を絡めたビートダウンを狙うのが最も現実的。
 必然的にそれらをサポートするカードで構築することになるだろう。

モンスターカードについて

VWXYZモンスター
 融合体はいずれもフィールドでの融合限定だが《融合》カードを必要とせず、2体からの特殊召喚も可能である。
 中でも《XZ−キャタピラー・キャノン》召喚及び効果が扱いやすいので、その融合素材となる《X−ヘッド・キャノン》《Z−メタル・キャタピラー》を中心に採用すると良い。
 ただし、ユニオン装備状態と比べて、破壊耐性が失われる上に自力での分離ができなくなるので、特殊召喚が必要な状況か考えてから行いたい。

―相性の良い機械族モンスター

―その他のモンスター

エクストラデッキについて

融合モンスター
 《VW−タイガー・カタパルト》《VWXYZ−ドラゴン・カタパルトキャノン》以外は蘇生ができない。
 帰還は可能なので墓地へ送られた後は《サイバー・ネットワーク》とのコンボを狙うと良い。

エクシーズモンスター

魔法・罠カードについて

ユニオンサポートカード

機械族サポートカード

―その他のカード

戦術

 《X−ヘッド・キャノン》《Z−メタル・キャタピラー》を中心に融合エクシーズ召喚を狙っていく。
 《予想GUY》《融合徴兵》等、サーチリクルート手段には事欠かないため、モンスターの展開事態は難しくない。
 しかし、VWXYZのいずれもがクセの強い特性を持っており、ハンド・アドバンテージボード・アドバンテージを稼ぎにくい。
 ジリ貧になることを避けるためにも、《マシンナーズ・フォートレス》等のVWXYZ以外のモンスター効果も惜しまず頼りたい。

 このデッキでは《コンビネーション・アタック》《リミッター解除》《オネスト》を併用することで爆発力が上がる。
 例えば《Z−メタル・キャタピラー》を装備した《X−ヘッド・キャノン》《リミッター解除》使用して攻撃することで4800のダメージとなる。
 《コンビネーション・アタック》で解除し、攻撃力4800の《X−ヘッド・キャノン》攻撃力1500の《Z−メタル・キャタピラー》で追撃を行えば11100ダメージにまで登る。
 詰めの一手にならなくともメインフェイズ2にそれらを融合するか、エクシーズ召喚しておくことで自壊デメリットを回避できる。

 《オネスト》の場合であれば攻撃力2400のモンスター攻撃した場合に2400ダメージ
 更に《コンビネーション・アタック》で解除し、攻撃力4200の《X−ヘッド・キャノン》と解除した《Z−メタル・キャタピラー》直接攻撃で合計8100ダメージとなる。
 相手モンスター攻撃力が2300を上回っていれば1ターンキル級となり、不利な状況から大逆転ということも可能。

このデッキの弱点

 墓地除外ゾーンへの依存度が高いため《王宮の鉄壁》《マクロコスモス》に弱い。
 一応《XY−ドラゴン・キャノン》エクシーズモンスターを展開できれば状況を打開することは可能。
 また、《サイバー・ネットワーク》墓地へ送られる必要があるため、《次元の裂け目》は兎も角《マクロコスモス》に無力。
 サーチリクルート手段は豊富であるが、直接的にアドバンテージを稼ぐ手段に乏しいため単純にマストカウンターをとられるだけでも厳しい。

 他には《ライオウ》などの特殊召喚及びサーチ阻害カードにも弱い。
 ユニオン耐性では防ぎきれない《システム・ダウン》《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》も脅威となる。
 【スキルドレイン】相手には《サイクロン》サイドデッキから《ツインツイスター》積むのが無難だろう。

代表的なカード

関連リンク

広告