【アロマ・コントロール】

デッキの概要

 お互い魔法カード発動を遅延する《魔封じの芳香》を軸としたコントロールデッキ

《魔封じの芳香/Anti-Spell Fragrance》 
永続罠
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
お互いに魔法カードはセットしなければ発動できず、
セットしたプレイヤーから見て次の自分ターンが来るまで発動できない。 

デッキ構築に際して

 《魔封じの芳香》効果お互い適用されるため、自分デッキが影響を受けないように魔法カードを少なくする必要がある。
 その削った分に、魔法カードの代わりとなる効果モンスター罠カードを採用することがデッキ構築で注意すべき点である。
 特に、セットさせた魔法カード破壊できる《サイクロン》《大嵐》の代用となるカードの採用は必須となる。

モンスターカードについて

 魔法・罠除去効果を持つモンスターの中で汎用性が高いのは《魔導戦士 ブレイカー》である。
 次点では、《オオアリクイクイアリ》《イナゴの軍勢》等が有力である。

 《魔封じの芳香》同様、魔法・罠カードセットを強要できる《神鳥シムルグ》も相性が良い。
 これを採用する場合風属性モンスターが必要となるので、《疾風鳥人ジョー》《女忍者ヤエ》等相性の良いものを選択したい。

 罠カードが主体となる性質上、フィニッシャーとして《神炎皇ウリア》を採用する構築も存在する。
 詳細は【ウリアロマ】を参照。

魔法・罠カードについて

 《魔封じの芳香》により、相手手札から魔法カードが減りやすいことから、《マジック・ドレイン》とは相性がいい。
 相手魔法カードを封印する戦術を徹底させることもでき、重要度は高い。
 また、罠カード版の《サイクロン》である《砂塵の大竜巻》は、代用カードの筆頭になるだろう。

 面白いところでは、複数の魔法・罠カードを無力化できる《心鎮壷》が有効活用できる。
 構築難度は上がるものの、ここから【コスモロック】のギミックを採用しても良い。

 《魔封じの芳香》自分にも影響を及ぼす点から、魔法カードは少な目、あるいは採用しなくとも良い。
 採用するのであれば、ドローカードや、魔法カードが少ないことを生かせる《異次元の境界線》等を優先する。

デッキの派生

【アロマハーピィ】

 【ハーピィ】の要素を取り入れ、《ハーピィの狩場》で次々と伏せ除去を行う。

 《ハーピィの狩場》発動回数を増やすには《ハーピィ・レディ》特殊召喚手段を確保する必要があるが、《万華鏡−華麗なる分身−》《スワローズ・ネスト》等の魔法カード《魔封じの芳香》との相性が悪い。
 《ハーピィ・チャネラー》《ハーピィ・ダンサー》《ヒステリック・パーティー》等を利用して、《ハーピィの狩場》発動回数を増やしたい。
 召喚後の《ハーピィ・レディ》は、《電光千鳥》等のエクシーズ召喚に繋げたり、《ゴッドバードアタック》等のコストにすることで、更に多くの除去が可能となる。

 《魔封じの芳香》と同じく魔法カードセットを強要する《神鳥シムルグ》も、ハーピィサポートカードを共有できることから採用しやすい。
 魔法・罠カードを封印する《心鎮壷》とも相性がよく、再利用手段である《霞の谷のファルコン》も無理なく採用できる。

【アロマ・チェイン】

 《魔力の枷》により、更にバーンの要素も取り込んだデッキ
 お互いプレイヤーは自らのライフを計算しながらデュエルを進めなければならない。

【アロマシムルグ】

 【アロマダムルグ】とも呼ばれる。
 《ダーク・シムルグ》《魔封じの芳香》魔法・罠カードの使用を一切封じ、一度決まれば【お触れホルス】並のロックがかかる。

 《ダーク・シムルグ》召喚条件上、デッキを構成するモンスター風属性闇属性に絞られる。
 カテゴリ単位で見ると、属性種族サポートカードを共有できるハーピィBFや、《忍法 変化の術》リクルートできる忍者が相性がいい。
 単体のモンスターでは、《ドラゴンフライ》《キラー・トマト》《召喚僧サモンプリースト》等のリクルーターや、モンスター効果メタである《死霊騎士デスカリバー・ナイト》が採用候補。

 墓地を肥やしながらドロー加速できる《手札抹殺》等も相性が良い。
 既にセットされたカードには《砂塵の大竜巻》モンスター効果には《ブレイクスルー・スキル》等で対処したい。
 この他、相性の良いカード【ダーク・シムルグ】も参照。

 ネタの領域だが、《おジャマ・キング》《地盤沈下》《生贄封じの仮面》を用いれば、非常に強固なロックが完成する。
 一部のカードロックを崩せるが、そのカードが必ず入っているとも限らない。
 ただしキーカードがあまりにも多く、手間がかかりすぎる。

このデッキの弱点

 《魔封じの芳香》魔法カードチェーンしてもその発動を止められない。
 このため、《サイクロン》チェーンされるのが最も痛い。
 《魔導戦士 ブレイカー》《氷帝メビウス》《砂塵の大竜巻》等の魔法カードではない魔法・罠除去によって対処される可能性もある。

 この他、魔法カード軸のデッキには無類の強さを誇るこのデッキも、魔法カード手札から発動しない【ダイヤモンドガイ】へのメタにはならない。

 魔法カードを止められるのは1ターンだけなのでその間に対処したい。
 《神の宣告》《宮廷のしきたり》等で、他の罠カードも含めて十分守れるようにしたい。

このデッキの歴史

 《魔封じの芳香》の登場は第2期の中頃(Thousand Eyes Bible −千眼の魔術書−の発売直前)である。
 強力な魔法カード環境に数多く存在しており、メタとして注目されたデッキである。
 《魔封じの芳香》《魔力の枷》を組み合わせた【アロマ・チェイン】は、その中でも有名なデッキである。

 しかし、デッキカードプールの変遷によって環境が変わり、直接的な魔法封じが増えた事で、このデッキは相対的に弱体化している。
 現在では、《イナゴの軍勢》のような恒久的な魔法・罠除去エンジンやセットを封じる《ダーク・シムルグ》のサポートとしての運用が多い。

代表的なカード

関連リンク

広告