【ドドド】

デッキの概要

 週刊少年ジャンプ(2013年4・5合併号) 付属カードで登場したドドドと名の付いたモンスター群でビートダウンするデッキ
 全てのドドド地属性で、ほぼ戦士族でもあるので、サポートカードも共有しやすい。

《ドドドウィッチ/Dododo Witch》
効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1200/守1600
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
手札から「ドドドウィッチ」以外の「ドドド」と名のついたモンスター1体を
表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚できる。
《ドドドガッサー/Dododo Swordsman》
効果モンスター
星8/地属性/戦士族/攻   0/守3000
反転召喚したこのカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
このカードの攻撃力は3500ポイントアップする。
また、このカードがリバースした時、
フィールド上に表側表示で存在するモンスターを2体まで選択して発動できる。
選択したモンスターを破壊する。
《ドドドドロー/Dodododraw》
通常魔法
手札または自分フィールド上に表側表示で存在する、
「ドドド」と名のついたモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
デッキからカードを2枚ドローする。
「ドドドドロー」は1ターンに1枚しか発動できない。

デッキ構築に際して

 《ドドドウィッチ》《ドドドバスター》《ドドドドライバー》を駆使してエクシーズ召喚を行う型が基本形となる。
 これらを使えばランク3〜6までのエクシーズモンスターを扱えるので、エクストラデッキの取捨選択も重要となる。
 また、エクシーズ召喚ばかりに依存しているわけではなく、《ドドドガッサー》と言うトリッキーな効果を持つ切り札が存在するのも特徴。

モンスターカードについて

ドドドモンスター

―その他相性のいいモンスター

エクストラデッキに採用するモンスター
 《ドドドドライバー》を使えばランク3〜6までのエクシーズ召喚を狙えるので、比較的融通が利く。
 しかし毎回《ドドドドライバー》が使えるとも限らないので、基本はランク4・6を中心に組んでおきたい。
 《ドドドガッサー》エクシーズ素材に活用するならランク8のエクシーズモンスターも採用候補に上がる。

魔法・罠カードについて

ドドドサポートカード

―それ以外のカード

戦術

 《オノマト連携》によるサーチ《ドドドドロー》による手札交換を駆使して準備を整える。
 その後は相手フィールドの状況を見極め、《ドドドウィッチ》《ドドドバスター》を起点にドドドを展開していくことになる。

 高打点や耐性を持つモンスターは得意とするエクシーズ召喚伏せカードモンスター効果には《サイクロン》《ハーピィの羽根帚》《禁じられた聖衣》等で対処する。
 大量展開からのラッシュが得意という訳ではないため、《ハーピィの羽根帚》等の貴重な全体除去の使いどころは間違えないようにしたい。
 魔法・罠カード除去手段には乏しく、相手伏せカードで固め、妨害してくると当然動きを止められやすい。

デッキの種類

エクシーズ召喚

 《ドドドウィッチ》《ドドドバスター》モンスターを展開し、エクシーズ召喚をしてビートダウンするのが基本戦術。
 《ドドドドライバー》を使えばランクの融通が利くので、エクストラデッキの取捨選択をすれば、あらゆる状況に対応できる。
 《オノマト連携》サーチ先には、同じくレベル変更効果を持つ《ガガガマジシャン》や、釣り上げ効果を持つ《ゴゴゴジャイアント》が扱いやすい。

《ドドドガッサー》

 反転召喚した時に高い攻撃力を得られる《ドドドガッサー》をメインとしたデッキタイプ。
 最上級モンスターなので特殊召喚しつつセットさせるカードを多めに採用させる必要があり、エクシーズ召喚軸と比較してやや安定性に劣る。
 とは言え爆発力は高く、反転召喚時にモンスターを2体破壊しつつ、攻撃力3500で攻めるのは中々に爽快である。

このデッキの弱点

 特殊召喚が主体のデッキなので、それを封じるカードには当然弱い。
 墓地カードも重要なので、《マクロコスモス》等の無差別除外も弱点となる。
 フィールド効果発動するモンスターが多いので、《エフェクト・ヴェーラー》《スキルドレイン》にも弱い。

代表的なカード

関連リンク

広告