【ワイト】

デッキの概要

 古くから有名な弱小モンスターであり、一部で熱狂的な人気がある《ワイト》を使ったデッキ
 レベル1ながら高攻撃力を得られるモンスター《ワイトキング》で勝負を決めるのが目標である。

《ワイト/Skull Servant》
通常モンスター
星1/闇属性/アンデット族/攻 300/守 200
どこにでも出てくるガイコツのおばけ。攻撃は弱いが集まると大変。
《ワイトメア/Wightmare》
効果モンスター
星1/闇属性/アンデット族/攻 300/守 200
このカードのカード名は、墓地に存在する限り「ワイト」として扱う。
また、このカードを手札から捨てて以下の効果から1つを選択して発動する事ができる。
●ゲームから除外されている自分の「ワイト」または「ワイトメア」1体を
選択して自分の墓地に戻す。
●ゲームから除外されている自分の「ワイト夫人」または「ワイトキング」1体を
選択してフィールド上に特殊召喚する。
《ワイトキング/King of the Skull Servants》
効果モンスター
星1/闇属性/アンデット族/攻   ?/守   0
このカードの元々の攻撃力は、自分の墓地に存在する「ワイトキング」
「ワイト」の数×1000ポイントの数値になる。
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
自分の墓地の「ワイトキング」または「ワイト」1体を
ゲームから除外する事で、このカードを特殊召喚する。
《ワイト夫人/The Lady in Wight》
効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻   0/守2200
このカードのカード名は、墓地に存在する限り「ワイト」として扱う。
また、このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、
フィールド上に表側表示で存在する「ワイト夫人」以外のレベル3以下の
アンデット族モンスターは戦闘によっては破壊されず、
魔法・罠カードの効果も受けない。

デッキ構築に際して

モンスターについて

魔法・罠カードについて

デッキの種類

《魔導雑貨商人》

 デッキの殆どのカードモンスターカードで埋め、《魔導雑貨商人》効果で一瞬で墓地を肥やす
 《カオス・ネクロマンサー》を入れれば勝ち筋をさらに強化できる。
 投入する魔法・罠カードは10枚以下が望ましい。
 主な候補としては《ブラック・ホール》《光学迷彩アーマー》《死者蘇生》などがある。
 また、墓地が肥えやすいため、《残骸爆破》を採用しても面白い。

【高等儀式術】

 儀式モンスターと混合し、《高等儀式術》で一気に墓地へ送る手もある。
 レベル1の《サクリファイス》ならレベルを簡単に揃えることができる。
 《大木炭18》《トライアングルパワー》等、レベル通常モンスターとそのサポートを軸にするなら発動条件が満たし易い。
 その他の儀式モンスターでは《ライカン・スロープ》レベル6で比較的《ワイト》を落としやすい。
 効果攻撃力もそれなりであり無駄にはならない。
 レベル6と合わせやすいように、レベル4・3・1の《ワイト》以外の通常モンスターを少し採用すると良いだろう。
 通常モンスター寄りの構築にすることで《戦線復活の代償》などのカードを組み込むことができるのも利点。

 それ以外の儀式モンスター召喚する場合、《ドラゴン・ゾンビ》《達人キョンシー》墓地へ送る事で、発動を補助できる。
 アンデット族繋がりで《スカルライダー》を使う場合、《達人キョンシー》より《ドラゴン・ゾンビ》の方がレベルを合わせやすい。

ライトロード

 ライトロードの特徴である墓地肥やしを利用する。
 隠し味程度に《ライトロード・ハンター ライコウ》を投入するのも良いし、本格的に各種ライトロードを組み込んでみても良い。
 墓地肥やしのスピードが速いため、《ネクロ・ガードナー》《ゾンビキャリア》などの投入が考えられる。
 この型の場合《ジャンク・シンクロン》の投入も検討したいところ。
 《ライトロード・ハンター ライコウ》のレベルが2のため自然に《ジャンク・ウォリアー》に繋げられ、《ゾンビキャリア》蘇生できる。
 さらに自身の効果で《ワイトキング》攻撃力分アップできれば場合によっては《ジャンク・ウォリアー》だけで1ターンキルできる攻撃力になる。
 自然に光属性モンスターが投入されるため、《カオス・ソーサラー》を投入しても面白い。
 ライトロードに重点を置いた場合は【ワイトロード】とも呼ばれる。

このデッキの弱点

 一般的な【アンデット族】同様、除外に弱い。
 《ワイトメア》でフォローできるものの、墓地に依存するデッキであることに変わりはない。
 中でも墓地同名カードを根こそぎ除外する《因果切断》墓地カードを落とすのを封じる《次元の裂け目》《光の追放者》等は天敵。
 また《スキルドレイン》適用下では《ワイトキング》攻撃力が0になってしまうので注意したい。
 このデッキは、普通の【アンデット族】よりも最大パワーは上であるが、その分三枚積まれている《ワイト》《ワイト夫人》のせいで速攻性が落ちる。
 そのため、いかに早く墓地《ワイト》等を落とすかがこのデッキの最大のテーマになる。
 アンデットではないが、《終末の騎士》を入れるとスピードを上げることができる。
 攻撃を邪魔する《次元幽閉》や、戦闘耐性を持った《マシュマロン》等を並べられる前に《ワイトキング》で殴りにいける状況を作れるようにしたい。
 もちろん、この手のカードへの対策を考えておくに越したことはない。
 前者なら《ワイト夫人》、後者なら普通にモンスター除去を入れてもいいし、《光学迷彩アーマー》で無視してもいい。

代表的なカード

関連リンク

広告