現世(げんせ)冥界(めいかい)逆転(ぎゃくてん)

デッキの概要

 《現世と冥界の逆転》を使い相手デッキを0にするデッキ破壊型の1ターンキルデッキ

《現世と冥界の逆転/Exchange of the Spirit》
通常罠
「現世と冥界の逆転」はデュエル中に1枚しか発動できない。
(1):お互いの墓地のカードがそれぞれ15枚以上の場合に1000LPを払って発動できる。
お互いのプレイヤーは、それぞれ自分のデッキと墓地のカードを全て入れ替え、
その後デッキをシャッフルする。

戦術

 まずは、《現世と冥界の逆転》発動条件を満たすことに専念する。
 お互い墓地に15枚ものカードが必要となるため、《手札抹殺》《轟雷帝ザボルグ》など、お互い墓地を同時に肥やすことができるカードを利用したい。

 準備ができたら、《現世と冥界の逆転》発動する。
 この際に、以下の行動を組み合わせることで相手デッキを0枚にでき、1ターンキルが成立する。

  1. 《現世と冥界の逆転》チェーンして《デビル・コメディアン》発動し、コイントスを当てる。
  2. 《轟雷帝ザボルグ》《エクシーズ・アヴェンジャー》などで相手墓地エクストラデッキカードのみにする。
  3. 《現世と冥界の逆転》チェーンして《戒めの龍》効果発動する。
    相手メインデッキに入るライトロードモンスターを採用している場合は0枚にできないが、コイントスの必要がない。
    《ファントム・オブ・カオス》《戒めの龍》効果をコピーすれば発動は容易になる。
    効果お互いに及ぶため、自分墓地ライトロードモンスターがいない場合、自滅する危険性があるので注意。

 1ターンキルに失敗した場合、《現世と冥界の逆転》発動条件を満たすために投入した、通常の【デッキ破壊】で用いる様なカードで残りのデッキを削ることになる。
 悠長にしていると墓地リソースを得た相手に逆転されかねないため、時間はかけすぎないようにしたい。
 無効にされることを考え、《現世と冥界の逆転》効果を利用できる《ジャンク・コレクター》《闇よりの罠》なども併用しておくとよい。

このデッキの歴史

登場〜06/03/01

 エラッタ前の《現世と冥界の逆転》テキストは以下の通り。

自分の墓地にカードが15枚以上ある時、1000ライフを払い発動。
お互いに自分の墓地と自分のデッキのカードを全て入れ替える。
その際、墓地のカードはシャッフルしてデッキゾーンにセットする。

 発動条件相手墓地が含まれないため、相手墓地が0枚の状態で発動することで、相手ドローが行えず敗北となる。
 これに加えて《処刑人−マキュラ》《王家の神殿》の存在から先攻ターン目でも《現世と冥界の逆転》発動でき、相手墓地を空にする手間もかけずに済んだ。
 当時のカードプールでは手札誘発墓地発動効果も少ないため妨害も難しく、何もできずに敗北する理不尽な1ターンキルデッキとして流行した。

 その後、キーカードの規制が進み、06/03/01制限改訂《現世と冥界の逆転》禁止カードとなったことで、完全に構築不能となった。

15/01/01

 《現世と冥界の逆転》制限復帰
 しかし、エラッタにより禁止カード化以前のような先攻1ターンキルは不可能となった。
 ただし、《デビル・コメディアン》とのコンボなどはあるため、1ターンキルデッキとしての構築は可能である。

代表的なカード

関連リンク

広告