守護神(しゅごしん)エクゾード】

デッキの概要

 地属性反転召喚の度にバーンダメージを与える《守護神エクゾード》を活用するデッキ
 その召喚条件を満たすため、岩石族スフィンクスを採用する。

《守護神エクゾード/Exxod, Master of the Guard》
効果モンスター
星8/地属性/岩石族/攻   0/守4000
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上に存在する「スフィンクス」と名のついたモンスター1体を
リリースした場合のみ特殊召喚する事ができる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
地属性モンスターが反転召喚に成功した時、
相手ライフに1000ポイントダメージを与える。

デッキ構築に際して

 《守護神エクゾード》特殊召喚や、フィールドに出した後の補助を行うカードバーントリガーとなる地属性サイクル・リバースモンスターを採用する。
 《守護神エクゾード》自体のサーチ手段が限られており、スフィンクスも全て上級モンスターであるため、いかに手札事故を回避しつつ展開していくかが鍵となる。
 また、地属性サイクル・リバースモンスターが主軸となるため、【除去反転】【バウンス・コントロール】の要素も含んでいる。

モンスターカードについて

スフィンクス
 《守護神エクゾード》召喚条件であるため必須となる。
 どのようなスフィンクスを軸に据えるかで、他の下級モンスター魔法・罠カードの選択も変化する。
 なお岩石族以外のスフィンクスに関しては他のカードとの相性の問題で採用は難しい。

下級モンスター

魔法・罠カードについて

戦術

 キーカードである《守護神エクゾード》特殊召喚した後は、速攻性が求められる。
 ロックデッキなので《浅すぎた墓穴》等を利用してもいいが、反転召喚には時間がかかる。
 《守護神エクゾード》召喚する前にある程度サイクル・リバースモンスターを並べておきたい。
 《ヒエラコスフィンクス》を使えば戦闘での防御は苦にならないだろう。
 《守護者スフィンクス》等でダメージを与えつつ、相手ライフが削りきれる範囲になったら特殊召喚し、一気に削りきるのが理想だろう。

 膨大なライフを稼げるため、いざとなったら《守護神エクゾード》《神秘の中華なべ》墓地へ送るという選択肢もある。
 なお、高守備力モンスターが多いのを生かして《反転世界》アタッカーとして利用する手もある。
 また、《つまずき》は、全モンスターを、反転召喚《つまずき》効果発動守備表示へ変更・・・を、毎ターン行える。

デッキの弱点

 《守護神エクゾード》重い上、耐性を持たないので簡単に除去されてしまう。
 また、地属性サイクル・リバースモンスター戦闘破壊に対して耐性がない。
 よってモンスター除去への対策とロックカードは重要となるだろう。
 この点で魔法・罠除去に弱くなるため、《封魔の呪印》などのカウンター手段も考慮したい。

代表的なカード

関連リンク

広告