【除外ビートダウン】

デッキの概要

 自分モンスター除外し、除外したカードを利用して戦う。
 《次元融合》《異次元からの帰還》等でモンスターを大量展開することに関しては【次元召喚】に詳細を譲る。
 ここでは、除外アドバンテージを利用し、ビートダウンバーンを行うデッキを紹介する。

デッキ構築に際して

 お互いカードを積極的に除外し、頃合いを見計らって強力なステータスを持ったモンスター召喚して制圧する。

モンスターカードについて

 その性質上、複数を併用するのは難しく、いずれを軸にするかでデッキ構築も変わってくる。
 これ以外に《ディノインフィニティ》《ロストガーディアン》も主軸になりうるが、いずれも種族統一デッキにした方がよく、説明は以下のデッキの種類に譲る。

除外する手段

 除外手段や、使うモンスターによって決める形となる。
 ヘリオスシリーズならお互いモンスター《黄金のホムンクルス》《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》なら種類は問わず自分カード除外すればよい。
 《ディノインフィニティ》恐竜族《ロストガーディアン》岩石族に限られ、ほぼ専用のコンボを決めるカードもあるので、除外カードの選択は決まってくる。
 いずれにせよ【次元召喚】帰還を狙う場合に比べ、除外対象を選ぶ必要はなく、より積極的に除外してゆくと良いだろう。

 《マクロコスモス》等で除外をしていくのが最も容易で一般的である。
 《高等儀式術》等を併用すれば、一気に除外が可能。
 他に除外手段を用意してあれば【次元ビートダウン】に比べその比重は軽く、死守する必要もない。
 一番効果的なのは《ネクロフェイス》による大量除外である。
 《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》《ヘリオス・トリス・メギストス》攻撃力は状況によって1ターンキルを可能にできる。
 除外メタとして《魂の解放》の出番もあるだろう。
 《ライジング・エナジー》《突進》等を併用し、《ヘル・テンペスト》を狙うのも面白い。

ダメージを与える手段

 モンスターによる戦闘ダメージの他にバーンカードの投入も考えられる。
 《エクトプラズマー》《カタパルト・タートル》等の射出効果が挙げられる。
 ただし、《エクトプラズマー》は、攻撃力が?の《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》ではダメージを与えられない。

 除外アドバンテージを活かし、《D.D.ダイナマイト》《墓荒らしの報い》の採用しても良い。
 ただし前者は序盤で腐りやすく、後者は速効性がない。
 しかし《ネクロフェイス》軸ならそのダメージは相当なものとなるので、隙間があったら入れておくと良い。

デッキの種類

【岩石族】

 《メガロック・ドラゴン》召喚し圧倒的な攻撃力ビートダウンを行うデッキ
 フォローとして地雷《ロストガーディアン》を投入しても良いだろう。
 《化石岩の解放》を投入できるのもメリットの1つである。
 一度に大量の除外をするため、《D.D.ダイナマイト》《墓荒らしの報い》と相性がよい。

【恐竜族】

 《生存本能》等の発動を布石として《ディノインフィニティ》攻撃力を上昇させる。
 《化石調査》で容易にサーチできる点や、《ヴェルズ・サラマンドラ》で無理なく除外漏れをなくせる点も強力。
 現環境では恐竜族に有用なモンスターが多く、このような一発屋デッキを組む必要は薄いが、その破壊力は未だ有効である。

【悪魔族】

 《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》《ダーク・ネクロフィア》キーカードとなる。
 爆発的な攻撃力こそ魅力だが、無理に高い攻撃力を生み出すために必要以上の除外をする必要はない。
 そのため、除外系をやや積んだ悪魔族主軸のデッキでも《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》を十分活躍させることはできる。
 同じ悪魔族でも【暗黒界】とはやや効果が競合するので一緒には使いにくい。

【光属性】

 《神聖なる魂》《放浪の勇者 フリード》除外しつつ、ヘリオスシリーズや《黄金のホムンクルス》を展開する。
 さらに《閃光の追放者》《光の追放者》《異次元の女戦士》の存在もあるため除外するのには困らない。
 増強効果《光の追放者》にのみデメリットに働くことに注意すれば、シナジーに期待できる。
 【天使族】帰還カードである《奇跡の光臨》があるため除外後のフォローも利き易い。
 ただし光属性の強力なサポートカードである《オネスト》《閃光の追放者》等の全体除外と相性が悪いので注意。

代表的なカード

関連リンク

広告