【未来オーバー】

デッキの概要

 《未来融合−フューチャー・フュージョン》《オーバーロード・フュージョン》コンボを使用した、《キメラテック・オーバー・ドラゴン》による1ターンキルデッキ

《未来融合−フューチャー・フュージョン/Future Fusion》
永続魔法(制限カード)
(1):このカードの発動後1回目の自分スタンバイフェイズに発動する。
自分のエクストラデッキの融合モンスター1体をお互いに確認し、
そのモンスターによって決められた融合素材モンスターを自分のデッキから墓地へ送る。
(2):このカードの発動後2回目の自分スタンバイフェイズに発動する。
このカード(1)の効果で確認したモンスターと
同名の融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。
そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。
《オーバーロード・フュージョン/Overload Fusion》
通常魔法
自分フィールド上・墓地から、
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを
ゲームから除外し、機械族・闇属性のその融合モンスター1体を
融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
《キメラテック・オーバー・ドラゴン/Chimeratech Overdragon》
融合・効果モンスター
星9/闇属性/機械族/攻   ?/守   ?
「サイバー・ドラゴン」+機械族モンスター1体以上
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカードが融合召喚に成功した時、
このカード以外の自分フィールド上のカードを全て墓地へ送る。
このカードの元々の攻撃力・守備力は、
このカードの融合素材としたモンスターの数×800ポイントになる。
このカードは融合素材としたモンスターの数だけ
相手モンスターを攻撃できる。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

 基本的に《サイバー・ドラゴン》と各種魔法・罠カードさえあればどの機械族モンスターでもデッキは成立するため、他のカードはある程度好みで入れられる。
 個々の性能もだが、それぞれのシナジーモンスター同士でのコンボを考慮し選択したい。

《未来融合−フューチャー・フュージョン》墓地肥やしと相性のいいカード

機械族以外で相性のよいモンスター

エクストラデッキについて

融合モンスター

シンクロモンスター

エクシーズモンスター

魔法・罠カードについて

《未来融合−フューチャー・フュージョン》加えるためのカード

《未来融合−フューチャー・フュージョン》を守るカード

―その他

戦術

  1. 《未来融合−フューチャー・フュージョン》《キメラテック・オーバー・ドラゴン》を選択。
    《サイバー・ドラゴン》を含む機械族モンスターを可能な限り墓地へ送る
  2. 《オーバーロード・フュージョン》《キメラテック・オーバー・ドラゴン》を選択。
    墓地機械族モンスターを可能な限り除外して融合召喚

 上記の手順で《キメラテック・オーバー・ドラゴン》融合召喚し、攻撃するだけである。
 なお、攻撃力が8000に到達するための融合素材はわずかに10枚と、無理のあるデッキ構築をせずとも狙うことができる。
 このコンボ伏せ除去や、《禁じられた聖槍》耐性を付加すれば、ほぼ完全な1ターンキルとなる。

 時間は掛かるが《禁じられた聖槍》《オーバーロード・フュージョン》の代用とすることも可能。
 《未来融合−フューチャー・フュージョン》《キメラテック・オーバー・ドラゴン》融合召喚に成功した時に墓地へ送る誘発効果チェーンして《禁じられた聖槍》発動することで破壊を回避できる。

 一度墓地肥やしが出来ると豊富な墓地アドバンテージを活用できる。
 かつては切り札が《キメラテック・オーバー・ドラゴン》だけだったが、《ABC−ドラゴン・バスター》《古代の機械混沌巨人》のようなモンスターでも1ターンキルができるためフィニッシャーにこだわる必要はない。
 《超電磁タートル》を採用すれば1ターンキルの失敗にも対応できる。

デッキの派生

【サイバー・ドラゴン】

 キーカードが同じなので構築しやすい。
 《エヴォリューション・バースト》デメリットも、《キメラテック・オーバー・ドラゴン》融合召喚してしまえば関係なくなる。
 あちらほど融合を重視する必要はないが、《パワー・ボンド》手札フィールドだけの融合でも高攻撃力を得られるので投入するのも良いだろう。
 光属性機械族で固める事で《サイバー・エルタニン》も採用出来る。

【未来ショッカー】

 【未来リターナー】とも呼ばれる、《人造人間−サイコ・ショッカー》《人造人間−サイコ・リターナー》をフル投入したデッキ
 《未来融合−フューチャー・フュージョン》《人造人間−サイコ・ショッカー》《人造人間−サイコ・リターナー》を3枚ずつ同時に墓地へ送り《人造人間−サイコ・ショッカー》を3体並べて大ダメージを狙う。
 罠カードを封殺できるため攻撃を通しやすく、エクシーズ召喚自壊を防ぐことができる。
 全て直接攻撃しても1ターンキルには届かないが、《フォトン・ストリーク・バウンサー》を出しておけば相手フィールドモンスター効果を迂闊に使えなくなる。

《次元融合》採用型

 《オーバーロード・フュージョン》除外したモンスターを戻してさらに攻撃性能を高めたタイプ。
 先攻1ターン目に《人造人間−サイコ・ショッカー》《マジック・キャンセラー》を展開してロックするギミックも取り入れており、1ターンキルに失敗しても反撃を許さない。
 キーカードとなる3枚の魔法カード融合フュージョンと名の付くカードのため【スリーエフ】とも呼ばれた。

このデッキの弱点

 1ターンキルデッキの宿命として、初期手札に影響されやすいという面がある。
 ドローソースデッキ圧縮を活用して、素早くキーカード手札に集められるようにしたい。
 ただし、キーカードを揃えることばかりを気にすると、デッキ内の機械族モンスターの比率が下がり、《キメラテック・オーバー・ドラゴン》の爆発力も落ちてしまう。
 加えてエラッタを受け、《未来融合−フューチャー・フュージョン》除去から守る必要が増えた。
 デッキ機械族で固まる中で防御用のカードを採用しなければならないため、デッキ構築の段階から各々の割合を意識しておきたい。

 墓地リソースを利用したフィニッシャー特殊召喚が基本となるので、墓地封じ・特殊召喚封じは大きな弱点となる。
 これらのメタカードを多数搭載した【メタビート】相手だと厳しい戦いとなる。

 魔法カードキーカードであるため、墓地に落ちたり除外されてしまうと再利用は困難。

デッキの歴史

第5期

第6期

第7期

第8期

第9期

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告