ギャンブル

 コイントスサイコロ等の不確定要素を含む効果を持つカードの総称。
 決まった場合には大きなアドバンテージを得られるような凶悪な効果を持つカードが多い。
 しかし、決まらなかった時は酷いディスアドバンテージを負うカードも存在する。
 また、運の要素の強いカードを積み込んだ【ギャンブル】等を指す場合もある。

  • 原作・アニメにおいて―
    ギャンブルカードの開祖となったのは、原作で城之内が使用した《時の魔術師》
    この成功に味をしめたのか、その後も城之内は様々なギャンブルカードを使用している
    《モンスターBOX》《天使のサイコロ》《悪魔のサイコロ》等)
    城之内はかなりの強運の持ち主で、《時の魔術師》は1回しか失敗せず、《天使のサイコロ》《悪魔のサイコロ》で2回連続で最高の目を当てたりもしている。
    アニメでは海馬や竜崎に「相変わらず悪運が強い」と言われたり、自身で「俺は運が強い」と言ったりと、自他共に運の良さには定評がある。
    遊戯王Rではクラマス・オースラー戦にギャンブルで勝った後、本田に「お前はデュエリストと言うより、ギャンブラーだな……。」とまで言われている。
    ただし城之内自身は《確率変動》といったギャンブルをやり直すカードも使用しており、完全な運任せではなくちゃんとした戦術として組み立てている。
  • アニメオリジナル「乃亜編」の「城之内vsBIG5(大岡)」戦では、城之内がギャンブルカード使いと知った大岡がデュエル自体に細工を行い、コイントスサイコロを使ったカードは必ず最悪の目が出るようになっていた。
  • アニメ5D'sでは、レオがコイントスによって攻撃力を上げる「クロック・ナイト」シリーズを使用した。
  • アニメARC-Vでは、ユーゴがサイコロを使用するカードを愛用している。
    対戦したセレナは「運に頼るデュエルなど遊びと同然」と批判していたが、ユーゴ本人は「だからこそ楽しい。これがデュエルの醍醐味」と答えている。
    また花札をモチーフとした徳松長次郎の【花札衛】は、サイコロ等の道具を介さずに、カードの効果そのもので独特のギャンブル性を表現している。
  • 一方で斎王やチャーリーの様に、何らかの理由で通常では考えられない成功率を出す人物に対しては、驚かれることはあっても直接的に批判される描写は見られない。
  • 珍しい例としては、アニメGXに登場したダークネスは自身の扱う虚無(ゼロ)無限(インフィニティ)といったギャンブル性の高いカードを次々と的中させ、対戦相手の十代を驚かせている。
    実際にはダークネスは自身の使用するモンスター効果をこっそりと使用してピーピングしていたために当てられていただけであり、ギャンブルによる正解を作中では成し遂げていない。
  • なお効果の使用や発動を明言しないのはOCGではルール違反であり、作中でも《ユベル》から「セコイ手を使う」と皮肉交じりの苦言を述べられている。

関連リンク

広告